• HOME
  • BLOG
  • VMD
  • ハイ・ブランドのバッグ、その表現手法を比較!そのⅡ

ハイ・ブランドのバッグ、その表現手法を比較!そのⅡ

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

いつもブログを読んでくれてありがとうございます!

さて、昨日の続き。

ハイ・ブランドのバッグの表現を比較してみました!

今日は棚や間仕切りの設計に関して、書いてみます。

どちらの棚(厚みや素材)のほうが、より商品が良く見えますか?

棚が厚くホリゾント(掘り込み)になっている事もあり、高級感もあり商品が浮き立つ。

棚が厚くホリゾント(掘り込み)になっている事もあり、高級感もあり商品が浮き立つ。

・・・・・

※こちらの記事は大きくリライトし、noteへ移動致しました(有料記事 100円)

続きはこちらから御覧くださいね!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. 志村幸司

    ポイントが絞られていて分かりやすいです。参考にします!

    • 藤井 雅範

      志村さん、ありがとうございます。
      是非参考にしてくださいね!

CAPTCHA


*