• HOME
  • BLOG
  • VMD
  • 【まとめ記事】バッグのVMD。学んでおきたい5つのポイント!

【まとめ記事】バッグのVMD。学んでおきたい5つのポイント!

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

ずっとVMDに関するブログを書いている中で、沢山検索していただいたり、直接質問いただく項目に“バッグのVMD”というのがあります。

既に過去の記事で沢山書いていますが、今回その中で5つポイントをピックアップしました。

これを読んでいただくと、バッグのVMDに関する多くのことが学べると思いますよ。

一貫性のある陳列パターンがブランディングになる

スライド5

ハイブランドにおいても、各ブランドによってバッグの陳列方法は様々です。

しかし、どのブランドもそのやり方を確実に踏襲している。

一貫性があるんですね。

それを全うすることもブランディングの上では重要なんです↓

《バッグのディスプレイ、一貫性で見せ方もブランディングを!》

バッグをディスプレイ。簡単、キレイに見せるコツ

フェイスアウトのバッグ

フォルムをキレイに表現することがバッグをキレイに見せるコツ。

三つのNGと三つのGOODを具体的に示しています↓

《バッグをキレイにディスプレイするコツ》

バッグや靴を見せるときに便利なアイテム

お洋服も展開瀬着るので、世界観も表現しやすい

お洋服も展開瀬着るので、世界観も表現しやすい

バッグや靴を見せる時に便利なアイテム。

それは“有孔ボード”

バッグや靴のみならず、帽子やお洋服のディスプレイにも適しています↓

《バッグや靴のディスプレイ。便利なアイテムを紹介します!》

棚に置く場合とストラップをフックに引っ掛ける場合の使い分け

フックに引っ掛けている状態

フックに引っ掛けている状態

バッグは、棚に置くと安定感があるように見える。

ストラップをフックに引っ掛けてみせると、実際に使う時のフォルムがわかる。

デザインや、素材感によって使い分けるのが理想です↓

《棚に置くか?引っ掛けるか?それが問題だ・・・》

ハイ・ブランドのバッグの見せ方に学ぶ

色がはっきりわかる

ハイ・ブランドのバッグのディスプレイ。

壁と商品のコントラスト、フロントからの照明、間接照明。

それぞれの見え方の違いを写真で比較しています↓

《ハイ・ブランドのバッグ。その表現手法を比較してみた!》

いかがでしたか?

バッグのVMDについての記事、伝わりましたか?

お洋服と違ってアイテムが限られています。

きちんと学べば必ず身に付きます。

成果にもつながりやすい。

また機会があれば書いてみますね。

・・・・・そういうことです。

『リアル店舗におけるUXを考える』 -オンラインセミナーに登壇します-

ワンスアラウンドさん主催のセミナーでお話させていただくこととなりました。

テーマは『リアル店舗におけるUX:ユーザーエクスペリエンス』です。

UXという言葉、よく耳にするようになりましたね。

ユーザーが製品やサービスを通じて得られる体験の総称です。

“良い印象で心地よい体験ができること”ユーザーエクスペリエンスではこれを目指します。

一般的にはオンライン上でショッピングやサービスを利用する上でのこととして使われることが多いですね。

しかしオンラインだけでなくリアル店舗でもUXは当然大切な概念。

特にポストコロナ時代のリアル店舗のあるべき姿へのヒントはUXにあるのです。

 

今回のセミナーはVMD特化ではありません。

ポストコロナ時代のリアル店舗ビジネスに係る経営者や事業責任者、SCのテナント担当の皆さんにも役立つ内容となっております。

【リアル店舗におけるUXを考える -ポストコロナ時代のVMD-

2021年614日(月)・16日(水) 15:0016:30 ONLINE開催

Zoomでの開催です。

詳しくは以下のリンクからご確認くださいね。⬇

 

もうすぐやってくるポストコロナ時代

再びお客さんで賑わうリアル店舗をイメージして、学ぶ時間を持ちましょう。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

*