• HOME
  • BLOG
  • PP
  • POPやキャプション。書き方次第で購買率は変化します!

POPやキャプション。書き方次第で購買率は変化します!

こんにちは!

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

レザーショップの注意書き

あるレザー用品のショップを訪れた時の事です。

上質なレザーの財布やバッグなどを取り扱っているお店。

二階には工房も備わり、内装は無垢のウッドと黒皮風のアイアンが使用されてています。

店舗環境からも、商品の持つ上質感が伝わってくるみたい。

dbreen / Pixabay

僕もレザーが好きなので、お店をじっくり拝見しようと思いました。

丁寧に間隔を取って整然と商品がディスプレイされています。

そこにこんな注意書きがありました。

【全て売り物です。キズがつかない様にご注意ください!】

それを見ると僕は商品に触れる事が出来なくなりました。なんだか監視されてる様で居心地も悪く、奥まで見ることもなく店を出てしまいました。

もちろん絶対触れてはダメ、ということはないのでしょう。

でもやっぱり、はばかれるよね~

お客さんに向けての表記としては、失礼だと感じる人が多いのではないでしょうか?

注意ともてなしは両立できる!

商品の購買率(お買い上げされる確率)は、商品に触れたり、試着する事でアップします。

「わかっちゃいるけどキズつけられるのもイヤだし~・・・」

そんな時はこんな表記にすればいかがですか?

【是非お手にとってお試しくださいね!よろしければ手袋をご用意しております。ごゆっくりみていただきたいのでお気軽にお申し付けください。】

こう書いてあったらどう感じますか?

【全て売り物です。キズがつかない様にご注意ください!】

という表記とは全く違う印象だと思います。

そして乱暴な扱いをされる事も少ないと思います。

お店との距離感も全く違って感じるでしょ?

さらに購買率は圧倒的に高くなる!

 

キズはつけられたくない、でも商品はよく見て欲しい。

これは両立出来るのです。

どんなメッセージを表記するのか?

ここに工夫する事です。

それがプロの小売業の仕事なのだと、そう思います。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

*