• HOME
  • BLOG
  • VMD
  • 間違ってはいけない!村上春樹、初期三部作を味わう方法。

間違ってはいけない!村上春樹、初期三部作を味わう方法。

久しぶりに長編小説を読み終えました。

もっともこの小説はもう何度も読み返した作品だけど。

FullSizeRender 2

「羊をめぐる冒険」という村上春樹さんの作品。

初期三部作と呼ばれるものの最後を飾る長編小説です。

ボクの単行本には、1982年10月15日第一刷発行とある。

そしてその左には1983年3月10日第五刷発行と記されている。

ボクがこの本を手に入れて、もう33年も経ってしまったんだ・・・

10代の最後か、20歳になったばかりの頃に入手したんでしょうね。

今日は、村上春樹さんの初期三部作を味わう方法を書いてみます。

 

村上春樹さんの初期三部作はこういったラインナップです。

『風の歌を聴け』

『1973年のピンボール』

『羊をめぐる冒険』

村上春樹さんは、ご存知のように沢山の著作があります。

そしてボクがおすすめするのは、この初期三部作です。

 

『風の歌を聴け』

この小説は村上春樹さんのデビュー曲です。

「アメリカ西海岸の何処かの街で起こった、小さな小さな出来事が書かれた小説。それを日本語に翻訳した。」

そう言われても納得できるような文体です。

そんな“文体”がこの小説の持ち味です。

夏のビーチで海でも見ながらサラッと読んでみてください。

 

『1973年のピンボール』

第二作目。

前作の文体を残しながら、物語性がプラスされてきます。

そしてピンボールという小道具がとても効いている。

ピンボールのあるライフスタイルがとてもクール!再会するピンボールがまるで人間のように描かれている。

昔のアナログなピンボールマシンを、もう一度プレイしたくなりますよ。

古ーいアメリカンスタイルのバーで読むのがおすすめ。

店の隅にピンボールが置かれていそうなバーでね。

 

『羊をめぐる冒険』

三部作の完結編。

この作品のために、前の二作はあったのか?と思える大作です。

前二作から、とても壮大な物語へと進化している。

最後には感動と気持ち良い読後感を味わえることでしょう・・・

この小説は、早めにベッドに入って読んで下さい。

夢中になって朝まで読み続けないよう注意(笑)

 

この三部作を読まれる場合には必ず守ってほしいことがあります。

それは“順番を間違えないで欲しいっ”てことです。

『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』『羊をめぐる冒険』。

必ずこの順番で読んでくださいね。

そうすることで、あなたはハルキワールドに魅了されてしまっているはず!

 

・・・・・そういうことです。

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. 高橋利也

    読む前に冷蔵庫にビールを冷やしておくということも大切ですね。そうしないとコンビニまで走ることになりますので(笑)

CAPTCHA


*