• HOME
  • BLOG
  • VMD
  • 間違ってはいけない!村上春樹、初期三部作を味わう方法。

間違ってはいけない!村上春樹、初期三部作を味わう方法。

久しぶりに長編小説を読み終えました。

もっともこの小説はもう何度も読み返した作品だけど。

FullSizeRender 2

「羊をめぐる冒険」という村上春樹さんの作品。

初期三部作と呼ばれるものの最後を飾る長編小説です。

ボクの単行本には、1982年10月15日第一刷発行とある。

そしてその左には1983年3月10日第五刷発行と記されている。

ボクがこの本を手に入れて、もう33年も経ってしまったんだ・・・

10代の最後か、20歳になったばかりの頃に入手したんでしょうね。

今日は、村上春樹さんの初期三部作を味わう方法を書いてみます。

 

村上春樹さんの初期三部作はこういったラインナップです。

『風の歌を聴け』

『1973年のピンボール』

『羊をめぐる冒険』

村上春樹さんは、ご存知のように沢山の著作があります。

そしてボクがおすすめするのは、この初期三部作です。

 

『風の歌を聴け』

この小説は村上春樹さんのデビュー曲です。

「アメリカ西海岸の何処かの街で起こった、小さな小さな出来事が書かれた小説。それを日本語に翻訳した。」

そう言われても納得できるような文体です。

そんな“文体”がこの小説の持ち味です。

夏のビーチで海でも見ながらサラッと読んでみてください。

 

『1973年のピンボール』

第二作目。

前作の文体を残しながら、物語性がプラスされてきます。

そしてピンボールという小道具がとても効いている。

ピンボールのあるライフスタイルがとてもクール!再会するピンボールがまるで人間のように描かれている。

昔のアナログなピンボールマシンを、もう一度プレイしたくなりますよ。

古ーいアメリカンスタイルのバーで読むのがおすすめ。

店の隅にピンボールが置かれていそうなバーでね。

 

『羊をめぐる冒険』

三部作の完結編。

この作品のために、前の二作はあったのか?と思える大作です。

前二作から、とても壮大な物語へと進化している。

最後には感動と気持ち良い読後感を味わえることでしょう・・・

この小説は、早めにベッドに入って読んで下さい。

夢中になって朝まで読み続けないよう注意(笑)

 

この三部作を読まれる場合には必ず守ってほしいことがあります。

それは“順番を間違えないで欲しいっ”てことです。

『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』『羊をめぐる冒険』。

必ずこの順番で読んでくださいね。

そうすることで、あなたはハルキワールドに魅了されてしまっているはず!

 

・・・・・そういうことです。

【期間限定企画その1:オンラインコンサルティング『個店のお悩み相談』】

8月10日までの期間限定企画です。

Zoomを用いたオンラインであなたのお悩みや疑問にお答えし、実際の店頭で活用できる様アドバイスいたします。

ファッションはもちろん、服飾雑貨、メガネに化粧品、インテリア雑貨に食料品・・・リアル店舗の売上アップへのお悩みお答えします。

期間:8月10日まで

期間限定価格:¥5、500(1時間:税込)

『オンラインコンサルティング“『個店のお悩み相談』”希望』とご記入いただき、ご希望の日時を3つほどご提示お願い致します。折り返し日時の選定と入金方法をお知らせ致します。

お申し込みはこちらから

ご依頼内容欄より『✅その他セミナーに関する問合せ・ご相談』をお選びいただき、メッセージ欄に『オンラインコンサルティング個店のお悩み相談」希望』とご記入いただき、ご希望の日時を3つほどご提示お願い致します。

【期間限定企画その2:訪問コンサルティング『個店のお悩み相談』】

こちらも8月10日までの期間限定企画。

日本中どちらでも実際に店舗に伺ってあなたのお悩みや疑問にお答えし、店づくりの実践指導をいたします。

ファッションはもちろん、服飾雑貨、メガネに化粧品、インテリア雑貨に食料品・・・リアル店舗であれば業種を問わず対応させていただきます。売上課題に応じた具体的な店舗活用方法まで指導させていただきます。

期間:8月10日まで

期間限定価格:¥33、000(2時間:税込)、¥55,000(4時間:税込)※交通費別途必要

『訪問コンサルティング“『個店のお悩み相談』”希望』とご記入の上、時間(2時間or4時間)をお選びいただき、ご希望の日時を3つほどご提示お願い致します。折り返し日時の選定と入金方法をお知らせ致します。

お申し込みはこちらから

ご依頼内容欄より『✅その他セミナーに関する問合せ・ご相談』をお選びいただき、メッセージ欄に『訪問コンサルティング個店のお悩み相談」希望』とご記入いただき、ご希望の日時を3つほどご提示、並びに2時間か4時間のどちらかのご記入をお願い致します。

 

個人でお店を運営されている皆様、この機会に“皆様のお店の持つ価値を高く伝える手法”身につけてみませんか?

関連記事

  1. 高橋利也

    読む前に冷蔵庫にビールを冷やしておくということも大切ですね。そうしないとコンビニまで走ることになりますので(笑)

CAPTCHA