棚に置くか?引っ掛けるか?それが問題だ・・・

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

 バッグの表現

棚やテーブルに置く時と、フックに引っ掛ける時。

バッグの見え方って違って見えますよね。

棚やテーブルに置くと、安定感が出ます。

しかし、フォルムは少しくずれます。

バッグというのは手にもったり、肩にかけたりして使います。

実際の使用時のフォルムは宙に浮いている形ですね。

ですから、フックに引っ掛けて見せる方が、より実際に使用する際のデザインに近い表現である、という事です。

 

フックに引っ掛けている状態

フックに引っ掛けている状態

棚に置いている状態

棚に置いている状態


また、壁面のフックに引っ掛けてみせると、ひとつひとつのフォルムも際立って見える、というメリットもある。

遠目からでもわかり易い。

棚の場合、その商品のサイズに対して棚と棚の間隔が狭いのは良くありません。

その棚の奥行きと見る角度によって全体感が把握できない事があるから・・・

だからストラップ(持ち手)のついているものは、なるべくフックで引っ掛けて表現する方が本来の価値が伝わり易くなりますね。

有孔ボード

有孔ボード

 

写真のように有孔ボードを使うとフックの場所やピッチを変えられるので便利ですよ。

・・・・・そういう事です。

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*