• HOME
  • BLOG
  • VMD
  • withコロナ時代 いつの間にか忘れている、とても大切なこと

withコロナ時代 いつの間にか忘れている、とても大切なこと

こんにちは!

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

緊急事態宣言後に感じた違和感

緊急事態宣言が明けて、デパートやファッションビルが全館再営業を始めた時期のことです。

早速様子をみにいった阪急百貨店うめだ本店でのこと。

ファッションの売り場で強烈な違和感を感じました。

それはスタッフ全員がマスクをしていたということです。

 

withコロナの今は見慣れた光景となりました。

それまではマスクを掛けて接客するなんて失礼な態度のように思われていました。なのでショッキング・・・

そして館内を歩くことにあることに気が付きました。

それはマスク越しでも笑顔が伝わる人とそうでない人がいる、ということです。

 

阪急百貨店うめだ本店はホスピタリティの良さはトップクラスのデパートです。

しかしその日の笑顔や挨拶やお声がけに高いホスピタリティを感じられないことがありました。

そしてそれは人により差がある、ということに気づきました。

正確に言えば、以前よりも差が激しく感じたのです。

『なぜだろう?・・・』

 

しばらく売り場を回って気づきました。

それは“笑顔”だったのです。

当然マスク越しでは笑顔は伝わりにくい。

いつもより大きく口角を持ち上げたり、“目で笑う”ということで初めて伝わります。

まだそれに慣れている人が少なかったんですね〜

マスク越しでも笑顔は伝わる!

それからしばらくして、このYoutubeを目にしました。

『これだ!』と思いました。
目で笑う、滑舌良く話す、ゼスチャーを大きく・・・

特にwithコロナ時代に大切になった接客のポイントをとってもわかりやすく実践的に解説されていたのです⬇

いかがですか?

とても大切なこと、でも気づかなければ以前のまま。

知っていると知らないとでは大きな差がでてしましますよね〜

オンラインセミナーに登壇します

このYoutube、ワンスアラウンドさんという会社が制作しています。

販売代行業として26店舗の運営を実際に行いつつ、店舗における接客・応対のセミナーや研修といった教育のプロフェッショナルの会社です。

スタッフは実際に現場で実績を作っている人たちなので実践的なカリキュラムを展開しています。

実は僕もワンスアラウンドさんと業務提携しているんですよ。

そして来月、オンラインセミナーで登壇することになりました。

 

コロナ時代のVMD『売上回復の鍵はこれだ!』

今だから求められる売り場って?コンセプトは?本質的な課題は?お客様との関係性は?SNSはどう使う?そして店舗の見せ方は?・・・

そんな疑問を紐解いてゆきます。

ファッションの専門店の方はもちろん、商業施設の方や店舗設計に関わる方にも聞いて欲しい内容です。

開催日時:1月20日(水)・22日(金) 14:00~15:30 ONLINE開催
Zoomでの開催です。

詳しくは以下のページから御覧ください(主催:ワンスアラウンド株式会社)⬇

 

ワンスアラウンド株式会社ではスタッフ、店長、エリアマネージャーとそれぞれの階層に応じたセミナーや研修を行っています。研修を受けた人はロールプレイング大会においても好成績をあげているそうですよ。興味のある方はH.Pを覗いてみてくださいね⬇(僕からご紹介することも出来ます)

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

*