BtoBのビジネスにも、VMDが必要な理由

公開日: VMD, アパレル経営, リアル店舗


こんにちは!

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

 

VMDというと小売業だけが関わるもの、そう思われている方が多いかもしれません。
しかし製造企画業・卸業(メーカーさん、商社さん・インポーターさん)など、BtoBのビジネスをする皆さんもVMDを学んだほうが良いのです。

 

なぜならば、小売業の売上げアップに貢献する、サポートすることが自らのビジネス(製造企画業・卸業)を発展させるのだから。

アパレルメーカーの使命

例えば、

『作って受注を聞いて納めてハイ終わり!』

といった仕事をしているとしましょう。

それだけで小売先で順調に売れれば楽ですよね?

しかし、それだけではなかなか簡単には行きません。

 

良い商品はもうすでにたくさん世の中に存在しています。

良い商品であり、お値打ち価格であるだけではもう売れなくなっています。

それだけでは最終消費者に

『あっ、これは私にとって必要なものだ!』

というような価値は伝わらない。

良い商品であり、お値打ち価格であるというのは、すでにスタンダードなのです。

 

もしも製造企画業・卸業をなさっている皆さんが、店頭で価値を伝えることのエキスパートだったとしたらどうでしょう?

とっても重宝されると思いませんか?

僕の体験談

僕が実際経験したお話を紹介します。

僕は株式会社ワールドというアパレルメーカーに28年と9ヶ月勤務していました。その間一貫してVMDの専門職として活動していたのです。入社してからの15年ほどは、ワールドはアパレルメーカーとして卸事業を中心としたビジネスでした。自社では小売機能を持たず、専門店さんに卸していたわけです。その中のVMDスタッフである僕たちは、卸先の売上げアップのVMD・販促・プロモーション支援をプロの専門職として行います。商店街ならその中で一番の売りげで一番光るショップにする。百貨店ならそのフロアで一番の売上げで一番輝くショップにする。それが僕たちの仕事。なので当時は技術の修得・修練に余念がありませんでした。どう見せれば商品がよく見えるのか?どんなコーディネートにすればより目を惹くのか?どんなレイアウトにすればお客様は快適に過ごせるのか?・・・寝ても覚めてもそれを考え続ける、そしてそれを専門店さんに提案し実践することで一番店の売上に貢献していたのです。だから専門店さんにはとっても重宝されていたし、可愛がってもらったものでした・・・

これはアパレルメーカーの社員として僕が行っていた仕事です。

僕たちが定期的に専門店さんを訪問して、オーナーや店長の相談に乗り、実際に技術を発揮してお店を一番に光らせる。

その結果お店の売上も順調に伸びていったということです。

今も基本は変わらない

今の時代、アパレルメーカーが卸先の専門店さんに提供するノウハウは変化しています。

しかし、

『卸先の利益に貢献することの先に、自社の利益もある』

という基本は変わらない!

 

もしも、作って受注を聞いて納めてハイ終わり、のビジネスしか出来ていないとしたらちょっと考えてみてください。

いや、ちょっとではなく徹底的に。

どうすれば卸先の利益に貢献できるのか?を。

それができれば、小売業は必ず貴方から商品を買ってくださいます。

この真理は変わらないのです。

だから、今の時代の小売業の売上アップにつながること(VMDやSNS活用)をBtoBのビジネスをされている皆さんも学んだほうが良いのです。

 

今日も読んでくださってありがとうございます!

VMDセミナー・エレメントを開催します!

『忙しくて長時間の参加が難しいのです・・・』

『参加したいけどスケジュールが合わなくて・・・』

『次は参加したいのでスケジュール教えてください・・・』

という声にお答えして、

短時間のセミナーを会議室で、お仕事帰りにも立ち寄れる時間帯に、参加しやすい受講料で開催します。

今、売上につながる表現を学びたい方。

VMDのコンサルティングを受けたい、セミナーを社内で開催したい、研修をしたい、とご検討されている方。

この機会にVMDセミナー・エレメントを受講してみてくださいね!

初めてのおしらせ!《VMDセミナー・エレメント》開催します

セミナーの様子を収めたDVDを発売中!

VMDの基本から、売上をアップさせるシナリオ作りまで収録しました。

スライドテキストがダウンロードできるので、そのまま社員研修にも使用できますよ!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP