しあわせになる!令和時代のビジネス

こんにちは!

藤井雅範です。

明日から令和時代がはじまりますねぇ。

新元号が決まった日、安倍総理は談話でこう述べられました。

新しい元号は令和であります。これは万葉集にある『初春(しよしゆん)の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和(やはら)ぎ、梅は鏡前(きやうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(かう)を薫(かをら)す』との文言から引用したものであります。

そして、この令和には人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められております。

『人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ』

たしかにこれは、これからの時代とても大切なことなのだろうな

話を聞いて僕もそう思いました。

経済戦争のはじまり

戦後、武器で殺し合う戦いはおわりました。

そのかわりに始まったのが、経済戦争です。

これは経済の成長を加速させる効果が、たしかにあったと思います。

しかし同時に不毛な殺戮が起こった一面もあります。

売上至上主義による競争の激化。

そのために身体や心を病んで命を落とす人まで出てきたのです。

僕の周りにも病んで仕事に出れなくなった人、不審死を遂げた人がいました。

そしてその多くは、原因を明らかにされることなく葬り去られた・・・

そんな状況の中でも見て見ぬふりをしたり、我関せずを決め込んでいた自分たちがいました。

しかし今はもうそんな時代ではありませんね。

売上を拡大させ続けたり、シェアを獲得し続けたりすることの不毛さに気づき始めた。

それよりも“しあわせ”を感じるということが、人間にとって重要なことであるという、きわめて基本的なことがわかったのでしょう。

経済活動はとても大切。

お金を稼いだり、儲けを出すことや豊かになることはとても重要です。

ただ、『今よりも売上を拡大させ続けなければならない』とか、『シェアを獲得しナンバーワンを目指さなければならない』といった考えは不毛である、ということ。

『同業他社を真似して盗んで相手を負かす』

そんな経済から

『自社の独自性を伸ばして他社と手を組んで業界を盛り上げる』

そんな世の中にむけて・・・

しあわせに経済活動を行うには?

自分の“出来ること”、“得意なこと”をどうすれば“楽しく出来るか?”を工夫する。

“出来ること”、“得意なこと”に“好きなこと”をかけ合わせられないか?を考える。

そんなことを目指していければ、ビジネスはもっともっと楽しくなっていくと思います。

そのヒントが文化や芸術にあるのではないかな?そう思います。

『人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ』

文化・芸術・スポーツ=自分の好きなことで人と関わり合える

美しく心寄せ合う=戦いの経済からお互い認め合う経済へ

そう置き換えて考えられればね。

これからの日本にふさわしい由来である『令和』という年号。

新しい時代にワクワクしてきました!

しあわせな時代を作っていきましょう!

今日も読んでくれてありがとうございます。

VMDセミナー・エレメントを開催します!

『忙しくて長時間の参加が難しいのです・・・』

『参加したいけどスケジュールが合わなくて・・・』

『次は参加したいのでスケジュール教えてください・・・』

という声にお答えして、

短時間のセミナーを会議室で、お仕事帰りにも立ち寄れる時間帯に、参加しやすい受講料で開催します。

今、売上につながる表現を学びたい方。

VMDのコンサルティングを受けたい、セミナーを社内で開催したい、研修をしたい、とご検討されている方。

この機会にVMDセミナー・エレメントを受講してみてくださいね!

初めてのおしらせ!《VMDセミナー・エレメント》開催します

セミナーの様子を収めたDVDを発売中!

VMDの基本から、売上をアップさせるシナリオ作りまで収録しました。

スライドテキストがダウンロードできるので、そのまま社員研修にも使用できますよ!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。