魅力のあるお店とは?

VMDコンサルタントの藤井雅範(ふじいまさのり)です。

以前ならこういうことが言えました。

『良い立地の場所にお店を出せば売れていた』、ということです。

まだ、今のようにお店の数が飽和状態になる前の話です。

でも今はどうでしょう。

少々立地の良い場所に店を出したとしても、それだけで簡単に売り上げが上がり利益が出る、と言った事は難しい時代になってきていますね。

わざわざ行きたいお店

今は立地の良し悪しにかかわらず、お客様があの店に行きたい、と思ってもらえるお店にならなければいけません。

なぜなら良い商品を売っているだけのお店ならもうすでにたくさんあるから。

それも良いものが安く売っている店がたくさんあるんです。

さらに、わざわざお店に行かなくとも、大抵のものはアマゾンで簡単に早く安く買うことができる、そんな時代。

これからは、『わざわざあなたの店へ行きたい』と思ってもらえるような魅力のあるお店になることです。

居心地の良い空間を作る

Exif_JPEG_PICTURE

魅力のあるお店になるように演出を考えましょう。

売るためのVMDという意味から、楽しませるためのVMDと言う概念を取り入れてみてはいかがでしょう?

お客さんに楽しんでいただくための内装のデザイン、売り場のディスプレイ、BGM、フィッティングルーム、レジカウンター。そして、おもてなしの心で行う接客応対。

すべては、お客様に楽しんでもらおうという考えで見直してみてはどうでしょう?

良いものが安く売っているだけのお店から魅力のある、わざわざ行きたくなるお店を目指してみませんか?

・・・・・そういうことです。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*