お店を外からチェックしてみよう!

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

棚に商品を並べる時

お店の中の棚に商品を並べる時、お店の中からみての見易さや手に取りやすさを意識して陳列しますよね。

商品がお店の中を向いている状態になります。

もし、その棚の奥の壁がお店の外からも良く見える様な環境。

例えばガラスで出来ていたりしたらどんな見せ方をしますか?

外からもよく見える棚のときは?

基本はお店の中から見易く手に取りやすく並べますよね。

でも外から商品が良く見える環境だとしたら。

そんな時は一番後ろ側(奥)に置く商品だけは反対側を向けてみてはどうでしょう?

そうすれば外からも商品の面が良く見えます。

こんな置き方をすると、外から見ても良く見えますよね。

普通の棚がショーウインドウ的に見えたりする、という事。

外側に向けて並べられている

外側に向けて並べられている

インパクトありますね!

インパクトありますね!

まとめ

普段お店の中にいると、外からの見え方に気がつかないときがあるものです。

自分のお店を外からチェックしてみる。

お客さんの視線でお店がどんな風に見えて来るのか?

実際に遠くから歩いてきて確認すること。

コレを習慣にしていきたいですね。

・・・・・そういう事です。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*