ビフォア・アフターで表現する|伝わりやすいプレゼン

公開日: VMD, VMDノウハウ, VMD事例


こんにちは!

藤井雅範です。

 

新幹線で大阪方面へ帰る車中です。

西日本に台風が近づいて来ている模様。

おとなしく通過されますように・・・

 

昨日『伝わりやすいプレゼンテーション。3つのポイント』というブログを書きました。
その中で“ビフォア・アフターを多用する”という事に触れました。

セミナーなどで成果の上がった事例の話をする際に、実際に写真でそのビフォア・アフターを示すことができればとても伝わりやすいのです。

具体的にはこんな風に見えればよいですよね!

写真で比較する

入店客数が117%に推移した事例

ポイントを解説する

お店の入り口の柱巻きのアクセサリーコーナー。

ビフォアの状態では、どんなゾーニングを打ち出しているのか?わかりにくい。

更には、どこまでが見せ場で、どこからが売り場なのか?わからない。
おまけに雑然として商品が見にくい・・・

 

そこをアフターの状態へ変更。

商品のゾーニングをマリンテイストに絞り込む。

最上段は見せ場に設定。
上段はバッグ&ポーチ、中段は帽子&ポーチ、下段はアクセサリーと売り場をアイテムで分ける。

商品間の感覚をとり、見やすく触りやすい配置へ変更する。

数値結果を載せる

こう変更することで入店客数は117%(前週比)と推移し、購買客数もアップしました。

最上段の見せ場ではテイストをわかりやすく伝えている。

そこから下の売り場ではアイテムごとにわかれており、更には商品感の空間が取られているので一つ一つの商品がくっきり見えてきています。

 

こういった風にビフォア・アフターを比較しやすく並べて写真で表現する、ポイントを解説する、さらにはその数値結果も示すと聴いている人たちに興味を持ってもらいやすくなります。伝わりやすくなるんですね〜。

以上、参考になれば幸いです。

 

さて今夜無事に帰れますように。

台風が接近しているエリアの皆さん、充分お気をつけくださいね!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

PAGE TOP