• HOME
  • BLOG
  • VMD
  • 選ばれやすいお店になるために|ディスプレイのヒント

選ばれやすいお店になるために|ディスプレイのヒント

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

 

街を歩けば沢山のお店が並んでいます。

ショッピングモールに行けば、同じようなテイストのお店がゾーンごとに固められていたりします。

お客様にとって買い回りしやすいように、という配慮の元にその編成が決められているように思います。

 

ただ逆に言えば同質化しやすいともいえます。

商品自体に圧倒的な独自性があれば良いのですが、そういったお店は少ない。

かといって、お店の外装、壁やゲートの素材を変えたり、塗装し直すのはコストもかかります。

そんな時はこんなディスプレイをしてみてはどうでしょう?

 

集積してみる

例えばオーガニックな商品を扱っているのなら

使い終わったティーバッグをたくさん集めて吊り下げてみる

 

誕生したばかりのブランドやお店なら

卵をたくさん集めてみる。(孵化、誕生をイメージさせる)

 

デニムがメインのショップなら

バディ・リー(1922にデニムブランドのLeeがリリースした販売促進用の人形)をたくさん集めてみたり

 

スニーカーのショップなら

天井から沢山スニーカーをぶら下げたり

 

レストランなら

天井からワインのボトルを沢山ぶら下げたりね

 

ある一つのものを徹底して集積することで、圧倒的なインパクトが出ます。

あなたのお店の商品やテイストからヒントを思い浮かべましょう。

こんなディスプレイをすることで、あなたのお店の視認性は高くなる。

お客様に選ばれやすいお店になる、ということです。

 

お店のインパクトを出したいと思っている方、独自性のある演出をしたいと思っている方、是非やってみてくださいね!

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

*