ラジオが泣いた夜

入院とラジオ

 10日間の入院生活。

目の手術の後ということでしばらく片目は使えなかった。

本やスマホも長時間は読めない。疲れるしね。

ということでラジオを聴いている時間が多かったなぁ。

 思い起こせば小学校の頃からラジオは身近な存在だった。

テレビでは聴けない洋楽のヒットチャートを知るのもラジオ。

映画の情報やトレンドの情報もラジオから。

 話のうまいディスクジョッキーの解説で映画のストーリーを聴いていると、情景が浮かんでくる。

耳からの情報だけで、まるで映画を観たかのように感動したり。

ラジオドラマなんかもあって、ワクワクしながら聞いていた記憶がある。

気まぐれ飛行船

 そんな中で一風変わった番組が記憶に残っている。

それは『気まぐれ飛行船』というFMのラジオ番組。

小説家の片岡義男さんと、ジャズシンガーの安田南さんがキャスターを務めていた。

 片岡義男さんは、小説のイメージ通りとっても渋い低音でボソボソっと話す。

安田南さんもジャズのイメージ通り大人っぽく、アンニュイな話し方。

ふたりとも寡黙なイメージなのでラジオには向かなさそう。

時々無音の時間が続いて聞いている方がドギマギしたり。

なのに、ムードはよーく伝わってきたっけ。

 内容は片岡さんお得意のアメリカンなライフスタイルや、ちょっとアングラなカルチャーのお話が多かったように思う。

何だか気だるいんだけれども、とってもおしゃれな番組だった。

 そういえば片岡義男さんの小説に『ラジオが泣いた夜』というのがあった。

ラジオ・が・泣いた夜

ストーリーは忘れてしまったけれど、洒落たタイトルだよねぇ・・・

 ということで、しばらくはこんな話を書いてみようかな。

 『眠れ、悪い子達・・・』

セミナーの様子を収めたDVDを発売中!

VMDの基本から、売上をアップさせるシナリオ作りまで収録しました。

そのまま社員研修にも使用できますよ!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*