• HOME
  • BLOG
  • VMD
  • 今目の前にある2つのチャンス!|新型肺炎の流行に直面して

今目の前にある2つのチャンス!|新型肺炎の流行に直面して

銀座の街の変貌

先週のはじめ、銀座の街を歩きました。

そして昨日、再び銀座の街を歩きました。

この一週間でも人通りの差は歴然です。

まるで違う街を歩いているような錯覚を覚えるほど。

普段は団体客で溢れ、すれ違うのも難しい場所

外堀通りの東急プラザ前や、中央通りのGINZA6前も、普通に真っ直ぐ歩くことが出来ました。

なにしろ目の前の見通しが圧倒的に違う・・・

GINZA6にも入ってみました。

館内はガランとしている。

何件かのお店に入りましたが、他にお客さんはいない状態。

だからゆっくりと店舗スタッフとお話することが出来ました。

新型コロナウイルスの流行とビジネス

新型コロナウイルスの流行が広まっています。

中国国内での患者数は24324人、490人がお亡くなりに。

中国本土以外では、26の国と地域で180人の感染者が確認されているそうです(2月5日現在)

この状況では外国人観光客の数が減るのは当然ですね。

例年は中国からの観光客で賑わう春節期間。

百貨店の免税売上高は前年比2ケタ減を強いられたそうです。

 

外国人観光客が売上の多くを占めていたビジネスをなさっている方は、売上面でも大きな打撃を受けています。

いつ収まるともわからない不安。

さらには国内での感染が広がる不安。

大きな不安と直面されている方が多いのではないでしょうか?

 

これに対する特効薬はカンタンには見つかりそうもありません。

しかし目の前の現実からは目をそむけられません。

嘆いているだけではどこにも進めない。

今できることを愚直にやる。

今だから出来ることを考えてみる。

そんなチャンスだと捉えることも出来るはずです。

客数が減ったら客単価を上げるチャンス!

普段は忙しくてゆっくり丁寧に接客できていないのならば、今はチャンスかも知れません。

お客さんにくつろいでいただき、コミュニケーションを取ることが出来る。

たくさんの商品をお見せしたり、コーディネート例を示す余裕もある。

お客さんの満足度がアップすると客単価もアップするのです。

国内客との関係性を深めるチャンス!

今回のような感染症の大流行は定期的に起こります。

また、政情不安による渡航規制や国際的な経済状況による来日客数の減少も当然起こり得ることです。

そのたびに大きな打撃を被っていてはなかなかビジネスは成り立ちません。

そうなってからオロオロすることのないようにしたいですね。

 

まず外国人観光客に対する売上の依存度を下げる。

つまり国内のお客さんとの関係性を強めておくのです。

国内のお客さんの良いところは大きく2つ。

  • リピーターになりやすい(再来店や口コミが期待できる)
  • 継続購入期間が長い(長いお付き合いが可能)

この2つはとても重要です。深い関係性になれるということですね。

外国人観光客の場合には難しい部分でもあります。

 

外国人観光客の場合は外的要因でいつどうなるかわからない。

国内のお客さんの場合にはそのリスクは少ないとも言えます。

 

今できることを愚直にやりましょう。

そして今だから出来ることを考えてみましょう。

笑顔を忘れず、目の前のお客さんの満足度が高くなる応対をしましょうね!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*