下を向いて歩こう!

こんにちは!

藤井雅範です。

 

人間は普段目線の位置に注意が向きます。

しかし人間の視野と言うものは広い。

 

遠くから目に入る場所や、ある程度広いスペースであれば床や天井も演出出来るスペースです。

意外と盲点なのが“足元”

真っ赤なシートを敷くことでそのエリアを目立たせたり

 

目線は商品に注目させていきながら、文字情報を床に配置させたることでスッキリ整理してみせたり

 

ステージで段差をつけること無く、塗り分けで限られたスペースを有効利用したり

 

思わず踏んづけちゃいそうな落書きを書いたりね(笑)

 

レジや出口の誘導にも使えます

 

目線には商品情報に絞り込ませ、効果的に床を使う。

床面と上の商品でコントラストを付けて浮き立たせる。

気が付きそうでいて中々活用出来ていないのが“足元”

 

あなたのお店ではどんな活用が考えられますか?

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

*