• HOME
  • BLOG
  • IP
  • いくら集客出来たとしても、それだけでは売上につながらない

いくら集客出来たとしても、それだけでは売上につながらない

こんにちは!

藤井雅範です。

集客って?

『ぜんぜん集客出来ていません!』

『今回は集客が良かったよ!』

『集客に苦労してるんです・・・』

店舗に関わるビジネスをされている方は、こんな風に日常的に使っている言葉『集客』

googleさんに聞いてみるとこんな意味らしい

しゅうきゃく集客】 客が集まるようにすること。客寄せ。

なるほど・・・

 

VMDの概念で一例を出すとこんな感じかな? VMDという言葉の意味はこちらを見てくださいね

VPの魅力で入店客数を増やすこと

VPという言葉の意味はこちら

入店客数(お店に入ってきてくださるお客様の人数)が増えれば集客が良かったってことですものね。

 

VMDの概念ではこれはあくまで状況の一部です。

集客しただけでは意味がない。

そこから商品に触れて頂かないと売上にはつながらないんです。

すると次にこんなアクションが生まれる。

PPの魅力でIPに誘導すること

PPやIPの意味はこちら

購買率(お買上げ率)をアップさせるには、具体的な商品に触れてもらう、吟味してもらうことが近道なのです。

 

VMDの概念ではこれも状況の一部です。

触れてもらう、その先のアクションがあります。

そこから接客やお試し(洋服ならご試着)して頂くことで『売上』につながる。

 

リアル店舗だから出来る!

  • VPを魅力的にして入店客数をアップさせる。
  • PPを設定してIPへ誘導する。
  • 接客やお試しで購買につなげる。

こういった一連の流れが売上につながります。

 

VPやPPを魅力的にする、IPを工夫する、接客でお客さまのライフスタイルを思い遣る、お試しでお客様自身の魅力に気付いてもらう・・・

これはリアル店舗だから出来ることです。

 

集客だけで満足しないでVMDのシナリオを描いて売上につなげましょう!

あなたのビジネスではどんなシナリオが描けますか?

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

*