『ディスプレイ』と『VMD』の違いとは?

公開日: マーケティング


VMDコンサルタントの藤井雅範(ふじいまさのり)です。

実は今でもしょっちゅういらっしゃいます。

『ディスプレイ』と『VMD』を同義語だと思っていらっしゃる方が。

店舗の設計・施工に関する打合せを行なっている時などに多かったですね。

「ここの棚の上のVMDはどうしましょうか?」

なんて使い方をされます。

『ディスプレイ』と『VMD』を混同していますね。

「棚の上のVMD」ではなく「棚の上のディスプレイ」と言った方がよっぽどわかり易いです(笑)

『ディスプレイ』とは?

写真はイメージです。本文とは関係ございません。

写真はイメージです。本文とは関係ございません。

ファッションのお店で『ディスプレイ』という言葉を使う場合、具体的にどんなことを指すでしょう。

“『商品』を軸に、棚出し〜陳列〜演出まで行なうこと。更に、商品以外の備品やプロップス(演出小物)を商品が良く映えるように飾り付けること”

こういった一連の作業を『ディスプレイ』と言います。

『ディスプレイ』の内容を左右するのは主に『技術』となります。

 

えーっ、これって『VMD』じゃなかったの?

と思っている方もたくさんいらっしゃると思います。

ええ、だいたいみんなそういうもんですよ。

この機会に理解を深めてくださいね。

以下の説明で明確になってくると思います。

『VMD』とは?

では『VMD』とはどんなことを指すでしょうか?

『VMD(ヴィジュアル・マーチャンダイジング)』とは?

“お店やブランドの価値を視覚的に伝える「マーケティング活動」のこと”(マーケティング活動とは、売上を上げる為の活動全般のことを指します)お店やブランドの価値を視覚的に伝える「マーケティング活動」=ビジネスとしてのシステムなんです。

『VMD』の効果を図るのは『売上(利益)』となります。

 

いかがですか?

『ディスプレイ』は実行することを指し、『VMD』はシステムのことを指す、ということ。

例外としての『VMD』

他に良く混同されるのが『VMD』をするヒト(ヴィジュアル・マーチャンダイザー)。

職種としての『VMD』とシステムとしての『VMD』、コレも良く混同されますよね。

出来ればヴィジュアル・マーチャンダイジングヴィジュアル・マーチャンダイザーというように使い分けれれば良いですが。

いかんせん長過ぎる・・・(笑)

 

また、日本では『VMD』と略されますが、本場アメリカでは『VM』です。

“マーチャンダイジング”で一語なので、当然と言えば当然なのですが、日本では先にマーチャンダイジングを『MD』という略語で表現していた歴史があるため、どうやら『VM』も『VMD』となったみたいです・・・

まとめ

“あっ、私も棚の上のディスプレイのことを『VMD』って言ってた”という方、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?

大丈夫ですよ、ほとんどの方がまだまだそう思ってらっしゃいます。

それだけ日本では認知が浅い、ということ。

裏を返せば、システムとして本気で取り組んでいるところがまだまだ少ないとも言えます。

 

昔から、『VMD』の本場アメリカでは、副社長クラスのヒトが『VMD』の責任者をしている企業が多い。

日本ではそんなことあまり聞きませんよね。

だからいまこそチャンスなんです。

本気で、お店やブランドの価値を高く伝えるシステムに取り組みましょう!

今ならまだ間に合う。

 

・・・・・そういうことです。

 

 

VMDセミナーを芦屋で行います。

詳しくはこちらから

VMDセミナーを東京で行います。

詳しくはこちらから

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑