『何をお探しですか?』から卒業しよう!

こんにちは!

藤井雅範です。

『カーキ色をお探しですか?』

今日あるブティックに入るとこう声を掛けられました。

『カーキ色をお探しですか?』

ボクがカーキ色の商品を触っていたからそう声を掛けてくれたんだと思います。

そしてこのお店は、アイテム別ではなくカラー別に商品がレイアウトされているからかもしれません。

その声がけのあとそう教えてくれました。

このスタッフは丁寧な仕草で感じが良かったです。

 

ただ、『カーキ色をお探しですか?』と問われても応える言葉が見つからなかった。

カーキ色は好きな色だけど、カーキ色を買おうと思って店に入ったわけじゃなかったから。

だから会話が続かなかったということです。

 

『今日は何をおさがしですか?』

以前、別のお店ではこんな声がけをされました。

『ジャケットをお探しですか?』

ボクがたまたまジャケットを触ったからでしょう。

ボクは別にジャケットを買うつもりはなかったのでこう答えた。

『いいえ』

そこで会話は終わり。

 

ひどいのはこんなのもあった。

『いらしゃいませ。今日は何をお探しですか?』

ボクはこう答えました。

『別に何も』

これもそこで会話が終わり。

 

お客さんはモノを買いに来るためだけにお店に入ってくるわけじゃない

お客さんはモノを買うためだけにお店に入ってくるわけじゃない。

『何か探してないとお店に入っちゃいけないのー?』

『あらかじめ買うもの決めておかなきゃならないのー?』

『そんなお客さんほとんどいないよー!!!』

ひねくれたボクはそう思ってしまいます(笑)

実際お店に入る時は、モノを買おうと思っているときだけではありませんよね?

『何かありそうだな〜』

『好きな曲がかかっていてなんか良い感じだな〜』

『なんかオシャレな雰囲気だしちょっと覗いてみよう』

そんな気持ちで入ることのほうが多いのではないでしょうか?

それでもお店に入ってくださるというのは、とってもありがたいこと。

入ってもらわないことには買っていただけません。アタリマエですが・・・

 

お客さんへどう声をかけるのか?

お客さんへ掛ける言葉。お店の人は仕事と思って当たり前のように声を掛けるのかもしれません。

しかし突然話しかけられたお客様は、極めて真面目に受け応えしてくださるものなのです。初めて話す人だしね。

 

だからお声がけする際は、なるべく会話の続きやすいお声がけが良いんじゃないかなぁ。

『こんにちは。そのジャケット素敵ですね!』『良かったらどこのブランドか教えてもらえますか?』

お客さんのファッションに興味を持って話しかけてから質問する。

そんな質問には、お客さんも答えやすいものです。

 

共通の会話が生まれるあとでは、距離がぐっと縮まります。

いろんな会話を楽しんだあとでは、お買上げしてくださる可能性もグッと高まります。

 

最初に掛ける一言って、大事ですよね〜。

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*