靴とバッグのディスプレイ

カジュアル型IP&PP スタイリングムードとマッチ

VMD用語に関しては
こちらを参考にしてくださいね
→《VMD用語について》

今日は家のメンテナンス。
ウッドフェンスの修理をしました。
ウッドなので、当然傷みます。
塗装がはがれたり、ひび割れや
反りがおこったり・・・
だから定期的にメンテナンスが
必要です。
でもウッドは味があって
良いですね。

時々、靴やバッグの
展開方法について
質問されることがあります。

今日はその一例について
書いてみますね。

セルフ販売型陳列 セルフ販売型陳列一番右はかごバッグ
下二段がかごバッグの型別展開
その上はそれに合う帽子
最上段は右のスパンのPP
この最上段をファサードから見える位置に設定。
この壁面まで回遊していただく
二つひだりまで同様の展開
一番左は靴の展開

接客応対型陳列  全てがPPの様な展開 触りづらく、選びづらいので、接客応対が必要 接客応対型陳列全てがPPの様な展開
触りづらく、選びづらいので、接客応対が必要

こちらの記事は大きくリライトし、note(有料記事 100円)へ移動致しました。

続きはこちらから御覧くださいね!↓

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*