食品を魅力的に見せる二つのコツ!

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

昨日は“店の語源”について書きました。

リンク:“店”の語源、ご存知ですか?

野菜売場を例に、“店=見世棚”という事でしたね。

魅力的な食品売場

食品売場も、見せ方によって売れ方が違います。

やはり如何に魅力的にみえるか?

美味しそうに見えるか?

見せ方が大切ですね。


ホールフーズ

ポイントは二つ!

食品売場を見せる上でのでの二つのポイントについて。

1、面で見せる

正面が見えるように配置してみる。

わざわざ近づかなくても、遠目にも正面が見えるように見せてみること。

何売場なのかが遠くからでもわかりますし、インパクトが出ます。

面で見せているサラダ売場

面で見せているサラダ売場

2、ボリューム感をだす

沢山積み上げてみる。

ひとつでは伝わりにくい魅力が、集積される事によって伝わる事があります。

特に食品にはそんな効果が大きい。

積み上げたり、天井から吊るす事も有効です。

また、写真のように壁の上部にミラーを貼るのも、とっても効果的です。

上部にミラーが張られたパン屋さん

上部にミラーが張られたパン屋さん

まとめ

食品の魅力を引き出す見せ方。

面で見せること。

ボリューム感を感じさせること。

伝わりきれていない商品の魅力、価値を高く伝えましょう。

きっと売上につながります。

 

・・・・・そういう事です。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*