スニーカーの発祥、ご存知ですか?|マイ・スニーカー・ストーリー

スニーカーの快適さを感じた瞬間!

先日、スニーカーの快適さを感じた場面がありました。

その日はコードバンの靴を履いていたのですが、昼から雨が降り出した。

傘で避けられそうもない雨。

なのでタクシーでホテルに戻り、スニーカーに履き替えました。

すると、さっきまで硬い革に締め付けられていた足が、とても心地良い開放感に包まれたのです。

「メッチャ快適やん、スニーカーって!」

普段は一日中同じ靴を履いている事が多いので、あまりわからなかった感覚・・・

マイ・スニーカー・ストーリー

ところで、スニーカーの発祥ってご存知ですか?

村上春樹さんがエッセイに綴っているので、少しご紹介しますね。

img_5315

ナルホド、SNEAKは「こそこそ歩く」という意味なんだ!

以下あらすじ

スニーカーは、ジェームズ・P・ブラッドリーさんというボストンの馬具屋によって発明された。

当初は馬の蹄鉄をゴム底にしたのが始まり。

音を立てずに歩く馬として騎兵隊に採用されたものの、その成果は芳しいものではなかったようです。

その後、「人間の靴の底にゴムがあっても良いじゃないか」とブラッドリーさんは発想を進化させた。

ブラッドリー式ゴム底靴は、やがてSNEAKERS(卑劣な人たち)と呼ばれ一般に広まっていった。

保守的で穏やかなボストンの市民たちは、この音も立てずにこそこそ歩けるブラッドリーさんの発明物に対して相当うんざりして、このような名前をつけた模様。

fullsizerender

・・・・・えーっ、うそだったのーっ?

このように、村上春樹さんは時々嘘をつきます(笑)

結構壮大な嘘もあるんですよ!作品の中で。

まぁこれはたいした嘘ではないけれど、コロっと騙されてしまいます。

でも夢があって良いですね、なんとなく・・・

fullsizerender

この村上春樹さんの作品は『象工場のハッピーエンド』というエッセイ集に収められている「マイ・スニーカー・ストーリー」という一文。

安西水丸さんの挿絵が作品のイメージを広げてくれます。

ダウンロードではなく、実際の書籍として所有しておきたい本ですよ。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*