さよならホテルパシフィック

品川駅。

港南口は近代的な高層ビルが立ち並ぶ。

高輪口は対象的に古いホテルが立ち並ぶ。

品川プリンス、グランドプリンスホテル新高輪、品川グーズ(京急EXホテル品川)、グランドプリンスホテル高輪。

高輪口を出て目の前にそびえ立つ30Fの建物が京急EXホテル品川(旧ホテルパシフィック東京)だ。

創業は1971年らしい。

僕もよく利用した。

古いけれども落ち着きがあるパブリックスペース。

都心の駅前なのに広い客室。

個性的なレストランやバー。

プール(現在は釣り堀に)があったり、隣には小さな林があったり。

隣接するグランドプリンスホテル高輪も含めてこのエリアは元々宮家の邸宅跡地だったらしい。なので都心にありながら豊かな緑が残されている。

 

前庭にあるのは『シンガポール シーフード リパブリック』

コロニアル様式の一軒家が印象的で、本場で食べているかのような味とムードが楽しめる。

柘榴坂を経て建物に入るカーブの遊歩道。

柔らかな音と光の演出で迎えてくれる。

 

館内にある『セラーバー(バー・セグレド)』はスペインの古城のセラーをモチーフとしたインテリアで趣がある。

まるで洞窟で飲んでいるような錯覚を覚えさせてくれる店。

こんな隠れ家で飲むとうまく感じるよね、お酒って。

何や知らんけど 笑

旧ホテルパシフィック東京。残念ながら昨日3月31日で50年の歴史を閉じました。

高輪口エリアが大きく変化しそうでなんだか寂しい・・・

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

*