• HOME
  • BLOG
  • VMD
  • 色相、明度、彩度。色の三要素に着目しよう!

色相、明度、彩度。色の三要素に着目しよう!

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

色の三要素とは?

“色の三要素”ってご存知ですか?

色相、明度、彩度の3つの要素です。

色相とは?色味のこと。いわゆる赤、青、黄みたいなことですね。

明度とは?明るさのこと。明るい〜暗いということ。

色彩とは?色の鮮やかさ、その度合いのことです。

あなたのお店、調和がとれていますか?

ショーウインドウからお店全体の構成にいたるまで、大切なのは調和がとれているか?

ということだと思います。

調和がとれていると、美しいと感じます。

安定感や落ち着きを感じさせます。

調和がとれていないと、いらだちやノイズ、不安定な感じを受ける。

だからお店のヴィジュアルを客観的に判断する時は、調和がとれているか否か?

これが判断基準になります。

 

調和を感じさせるカラー構成とは?

先ほどの色の三要素、これが調和を感じさせる、ひとつのキーになります。

すなわち色相や明度や彩度が合っていると調和を感じさせます。

具体的には、こんなこと。

複数のスタイリングをショーウインドウで見せる場合、全てのスタイリングの色が色相、明度、彩度の調和がとれている、という様なことです。

色相も彩度も合わせたスタイリング

色相も彩度も合わせたスタイリング

色相は違えど彩度が合っていれば調和はとれます!

ただしこの場合、色相、明度、彩度の全てで合わす必要はありません。

色相が違えど、明度と彩度が合っていれば調和はとれます。

一般的には色相を合わす場合が多い。

 

 

色相も彩度も明度も合っているスタイリング

色相も彩度も明度も合っているスタイリング

色相は違えど彩度が合っているスタイリング

色相は違えど彩度が合っているスタイリング

大切なことは調和がとれている、ハーモニーを感じさせることです。

お花見に臨むハーモニーも大切!

ところで、そろそろ桜の季節ですね。

ところどころ土の色が見えている土手の、キレイな深いグリーンの草の上で、ベージュの御影石の石垣に囲まれて、はかないピンクの桜を愛でる。

そんな、繊細な感性を持つ皆さん。

ビビッドなブルーのシートは全く調和、ハーモニーがとれていませんよね。

そんな時にはベージュ〜薄いグリーンのゴザを使いましょう。

もう、ブルーシートはやめましょうね。

本当に桜を愛でるには、自らの足元から調和させましょう。

せっかくの花野美しさを台無しにする、ブルーシート

せっかくの花の美しさを台無しにする、ブルーシート

お花見に見合うお洋服で販促してみては?

そうそう、お花見、という日本古来のイヴェント。

これに見合うお洋服のカラーリングもありますよね。

ファッションのお店を運営されている皆さん。

こんな打ち出しをされてみてはいかがですか?

感性豊かな気持ちでお客様を笑顔にして差し上げましょう。

 

・・・・・そういうことです。

 

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。