少し崩すと、良くなる??

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

お客様にゆっくり楽しんでもらいたい

お客様がお店にいらっしゃる時間が長ければ長いほど、購買される確率は高くなります。

お客様がお店の中を歩かれる距離が長くなってもまた、購買される確率は高くなります。

だからお客様にはゆっくりとあなたのお店にいて欲しいですよね。

ゆっくりとリラックスして楽しんでもらえる、そんなお店にしたいものです。

わかり易く選び易い陳列、それにプラスしたいこと

商品をわかり易く、選び易く整頓して陳列をする事は基本的に大切です。

ただ所々で抜けた感じ、遊んだ感じを加えてあげる事が、ちょっとお客さんの足をとめたり、商品に触れてもらったりする上では効果があったりします。

方法としては、まずレイアウトを整理整頓する。

IP(欄外のVMD用語を参照してくださいね)を整えたあとに、ポイントで目を引くコーディネートを配置してみる。

お店の中にそういうポイントが散らばる事で、お客様が回遊し易いようにするのです。

そこで立ち止まったり、何かを考えてもらったり。

 

アクセサリーのケースの脇に、毛糸で編んだ手袋とポーチ

アクセサリーのケースの脇に、毛糸で編んだ手袋とポーチ

洋服を展開している中に、ミッキーのポーチ

洋服を展開している中に、ミッキーのポーチ

あっ、こういうの欲しかったんだ、って思ってもらったり。

あっ、これってあの人にプレゼントしたら喜ばれるな?、ってイメージしてもらったり。

ゆっくり時間を過ごしてもらうきっかけにする。

そうしていただければ成功です。

まとめ

お店のレイアウトを組む時には、まず整理整頓。

そして、崩しのポイントを入れてみる。

お客様が楽しんでもらえるようにディスプレイしてみましょう。

お客様がゆっくりとお買い物を楽しめる空間を作る事。

それにはまずあなた自身が楽しんでディスプレイしてみましょう。

きっとお客様にも伝わります

そして購買率を上げる事にもつながる。

・・・・・そういう事です。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*