• HOME
  • BLOG
  • VMD
  • ちょっとした発想の転換、遊び心がお客さんに伝わる

ちょっとした発想の転換、遊び心がお客さんに伝わる

こんにちは!

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

「お客さんにニーズを聞け!」

などとよく言われます。

「ニーズを探れ!」

などともね。

しかし、「お客さんにニーズを聞いたから売れるようになった」

という話はあまり聞いたことがありません。

ニーズを探ることは大切でしょうが、探り当てるまではとっても手間がかかりそう。

もっとカンタンに買って頂く方法があります。

それは“ウォンツ”を感じてもらうこと。

既存の商品の色付けを変えてみる

あらかじめ「ニーズ」がなくても、「欲しい!」と思ってもらえれば買っていただけます。

そのためにはちょっとした発想の転換をしてみましょう。

たとえばカラーリング。

すでにある商品の色付けを今までなかったもので考えてみる、それだけのことです。

実例としては

・ピンク色のクラウン

・真っ白なフレームのメガネ

・透明なコーラ

・ホワイトチョコ

などが思い浮かびます。

どれもオリジナルにはなかったカラー。

従来なら、

高級車はベーシックカラー

メガネフレームは黒茶金銀

コーラは黒

チョコは茶色、というのが常識。

多分たくさん売れるのは、そういったカラーの商品。

ただそんなカラーの商品ばかりを集めた店頭が、はたして魅力的に見えるでしょうか?

偶然か、はたまたちょっとした遊び心で色をつけてみたらウケた。

そうすることで話題を呼び売れていく。あるいは量は売れなくても、それがあることで店頭に色気やインパクトが出る。

こんなカラーの商品は、おそらくいずれも最初から、“お客さんにニーズを聞いて生まれたのではない”でしょう。

ちょっとした遊び心やセンスが“ウォンツ”を生み出す

僕が先日見かけたのはこんな自転車。

子供用なのにまるで大人用みたいなシックなカラーリング。

たったそれだけなのに、「あっ、コレ欲しい」

そう思わせてくれました。

こういった、ちょっとした発想の転換を考えて見ると面白いですよ。

ニーズを聞いたり、ニーズを探ったりするのももちろん大切です。

ただその前に、『すでにある商品のある部分を変えてみる』という簡単なことから始めてみてはどうでしょうか。

商品を提供する側のちょっとした遊び心やセンスが、お客さんの「あっ、コレ欲しい」を生み出すのです。

さてあなたが今扱っている商品、ちょっとした発想の転換でインパクトが出るもの、ありませんか?

VMDセミナー・エレメントを開催します!

『忙しくて長時間の参加が難しいのです・・・』

『参加したいけどスケジュールが合わなくて・・・』

『次は参加したいのでスケジュール教えてください・・・』

という声にお答えして、

短時間のセミナーを会議室で、お仕事帰りにも立ち寄れる時間帯に、参加しやすい受講料で開催します。

今、売上につながる表現を学びたい方。

VMDのコンサルティングを受けたい、セミナーを社内で開催したい、研修をしたい、とご検討されている方。

この機会にVMDセミナー・エレメントを受講してみてくださいね!

・5月29日 東京

・5月31日 大阪で開催予定です!↓

セミナーの様子を収めたDVDを発売中!

VMDの基本から、売上をアップさせるシナリオ作りまで収録しました。

スライドテキストがダウンロードできるので、そのまま社員研修にも使用できますよ!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*