分けて考えると効果は半減!|接客とVMD


こんにちは!

藤井雅範です。

 

出来ていそうで出来ていない事。

それは、「接客とVMDは連動した方が良い」という事です。

なぜ売り上げがアップしないのか?

「接客はロールプレイング研修を受けさせているから大丈夫」

「VMDは専門家に見てもらってるから大丈夫」

なのに、なぜ売上が上がらないの?

それは接客とVMDが連動していないからかもしれません・・・

 

例えば

人だけを中心に考えてお店を作ると、お客さんが入店するハードルは高くなります。

VMDや店舗空間だけを中心に考えてお店を作ると、最終的な決断のハードルが高くなります。

どちらもが補完し合っているわけですね。

接客とVMD、連動させると・・・

もしも、販売スタッフが商品のストーリーを伝えやすいディスプレイ・商品配列だったら

フィッティングルームがスタイリング提案しやすいサイズとレイアウトだったら

お客さんに寛いでいただきながら、スタイリング提案出来るソファとテーブルがあったら

入りやすい・入りたくなるエントランス、回遊しやすい導線、圧迫感のないレジカウンター、スタッフの立ち位置まで考慮した店内レイアウトだったら・・・

 

お客さんはお店に入りやすく、ゆったりと気持ち良く過ごせて、価値の高いお買い物体験ができるのではないでしょうか?

 

だから、接客とVMDは分けて考えない事。

人と器が、互いに高いパフォーマンスを発揮出来るように連動させたいですね!

 

今日も読んでくださって、ありがとうございます。

VMDセミナー・エレメントを開催します!

『忙しくて長時間の参加が難しいのです・・・』

『参加したいけどスケジュールが合わなくて・・・』

『次は参加したいのでスケジュール教えてください・・・』

という声にお答えして、

短時間のセミナーを会議室で、お仕事帰りにも立ち寄れる時間帯に、参加しやすい受講料で開催します。

今、売上につながる表現を学びたい方。

VMDのコンサルティングを受けたい、セミナーを社内で開催したい、研修をしたい、とご検討されている方。

この機会にVMDセミナー・エレメントを受講してみてくださいね!

初めてのおしらせ!《VMDセミナー・エレメント》開催します

セミナーの様子を収めたDVDを発売中!

VMDの基本から、売上をアップさせるシナリオ作りまで収録しました。

スライドテキストがダウンロードできるので、そのまま社員研修にも使用できますよ!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP