• HOME
  • BLOG
  • VMD
  • 商品、内装、パッケージまで含めて考えましょう|GINZA SIX

商品、内装、パッケージまで含めて考えましょう|GINZA SIX

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

4月20日にオープンしたGINZA。

連日賑わいを見せているようですね。

先日のレポート《えっ、大リーグボール養成ギブスが実用化!?|GINZA SIX》

今日はその続編です。

 

フォトジェニックな商品

商品自体がフォトジェニック(写真映えする)だと、思わずSNSに投稿したくなります。

まるでスイーツのような石鹸とか・・・

 

中に入ったフルーツの断面が見えるアイスキャンディとか・・・

こんな商品なら、思わずinstagramへ投稿したくなります。

 

シズル感のある内装やパッケージ

シズル感とは、「英語の擬音語で、肉を焼く時のジュージューいう音のことをシズル(sizzle)と言う。 そこから転じて人の感覚を刺激する感じのことを指し、広告やデザインの世界では、瑞々しさというような意味で使われたりする。」(美術用語Weblio辞書より)

シズル感があると、商品の魅力が伝わりやすくなります。

銅製のポットを扱うお店。

内装の殆どが銅板でできています。

素材感が伝わるしインパクト大です。

 

デニムを扱っているお店。

パッケージまでデニム製。

ディスプレイにも活躍しますね!

 

商品、内装、パッケージ。

それぞれが感覚を刺激させてくれる。

 

GINZA SIXではそんな表現も随所に見られました。

ぜひ一度ご覧になってください。

しばらくは混雑してそうですけどね・・・

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

*