相性が良い、和とデニム|GINZA SIX

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

連日賑わいを見せているGINZA SIX

内覧会でのレポート第三弾です。

「和」テイストの露出

GIZA SIX全体で言えることは「和」テイストの露出の多さ、だといえます。

地下3階には「観世能楽堂」もあるくらい。

この舞台、オープン前なのに床に使い込まれた後がしっかり。印象的でした。

あのアウトドアブランドのノースフェイスのお店も、ファサード(外の通路面に面したお店の顔の事ね)中央部にドーンと大きな盆栽がディスプレイされています。

床壁天井全てが木で出来ている内装も潔い。

デニムを扱うショップの演出

GINZA SIXにはデニムを扱うショップもあります。

そんなお店での演出も見応えがあります。

お店のショーウインドウ部分。

見ると人が何やら作業しています。

生デニムの糊落としを実演している様子かな?

(自分の体に馴染んだ穿き込みシワをつけるコツは、生の状態から履き込んでいくことです。生の全く洗いをかけていない状態のデニムは、ノリが付いていてパリッパリッ。そこで糊を落として履きやすくする作業が発生するのです)

デニムは日本の藍染の仲間といえるかもしれません。まっ、藍ではなくインディゴですが。

(藍は天然、インディゴは合成。工程にも大きな違いがあるそうですよ)

だからデニムテイストのものと相性が良いのでしょうね。

盆栽と一緒にディスプレイしてもハマる。

ショーウインドウでこんなディスプレイも見かけました。

丁度着せ替えている途中だったにも関わらず、カメラを向けるとわざわざウインドウから離れてくれました。(笑)

ありがとうございます!

デニムを駆使したディスプレイ。インパクトありますね!

店内には自分だけのカスタムデニムを作れるコーナーが。

ボタンやワッペン、金物パーツなどが選べてオリジナルの一本ができる趣向のようです。

GINZA SIXデニム、と言った観点で見られても面白いかもしれませんね。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*