• HOME
  • BLOG
  • PP
  • グロッサリーストア(食料品店)のディスプレイ

グロッサリーストア(食料品店)のディスプレイ

VMDコンサルタントの藤井雅範(ふじいまさのり)です。

昨日のブログ『2ヶ月後のカラダは今日食べたもので出来ている!』

ここで紹介したGRAND FOOD HALL(グランドフードホール)というお店。

ファサード

『2ヶ月後のカラダは、いま食べたものでできている。愛する人に本当に食べさせたいものだけを、私たちは作ります』

そんな思いで商品をセレクトして、あるいは調理して提供している、惣菜がメインのグロッサリーストア(食料雑貨店)

ここのお店は見え方や見せ方も上手でした。

商品のネーミング

まずセレクトされている商品、そのネーミングが面白い。

『お宝卵』という名の卵

大切に育てられた感が伝わるネーミング

お宝卵

 

『牧夫の愛情』という名の牛乳

愛情が込められた、牛乳らしからぬネーミング

ネーミング

 

『神戸とろりん』という名のプリン

食感をイメージさせる、韻を踏んだネーミング

ネミング トロリン

ディスプレイ

海老

香草焼きのための海老やイカ。

商品は海老とイカです。

しかし赤や黄色のパプリカ、緑のネギが添えられていることで、白い海老やイカがより引き立って見えます。

海老香草焼き

 

オリジナルハンパー

セレクトされた色とりどりの食品たち。

お好みを木箱に詰め合わせることで、見た目の良いギフトに仕上がります。

ハンパーアップ

 

ナッツカウンター

まるでコーヒーカウンターのようなナッツカウンター。

目の前で作られる搾りたてのピーナッツバター。

甘く香ばしいかおりが漂ってきそう・・・

ナッツカウンター

抽選会

当日は抽選会も店頭で行われていました。

抽選する道具のガラガラはなんと大きな樽をイメージしたもの。

お店のムードと良くあっています。

ガラガラ

また、夏祭りムードを盛り上げるために“金魚すくい”ならぬ“野菜すくい”も行われていました。

野菜すくい

ファッションのお店だけではなく、グロッサリーストアにおいても、見え方や見せ方が大切。

お客様への価値に伝わり方が違ってきますよね!

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*