なぜ今、VMDが大切なのか?

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

今日もブログを訪れていただき、ありがとうございます!

 

なぜ今、VMDが大切なのか?

今、日本では人口が年々減少傾向にありますね。

特に、生産年齢人口、と呼ばれている16歳から65歳までの人口が大きく減少していく。

データによると、2010年に8103万人いた生産年齢人口が2040年には5300万人まで減少するだろうと言う予測になります。

一番お金を稼いで、一番お金を使う人口が65.4%にまで減る訳です。

デニム&サプライ

では、お金を使う場、機会はどうなっているでしょう?

ちょっと、ファッションのお店で考えてみましょう。

新しい大型商業施設はまだまだ開発されています。

海外からファストファッションが上陸し、良い場所に優遇されて出店を続けています。

購入形態も、各ショップのウェブサイト、ZOZOTOWN、通販など選択肢は増えています。

いかがですか?

既存の店舗はそのままでいて、売上が堅調にとれる訳はないのですよね?

今まで通りの店作り、今まで通りの表現、今まで通りの販促で・・・

これでは売上が上がるはずがありません。

VMDはもう標準装備されていて、初めてスタートラインに立てるのです。

魅力的なファサード、お客様が入りやすい導線、見やすく買いやすい陳列・・・

VMDのイロハは、もうスタンダードなんです。

更にそこから、どうお店や商品の価値を高く伝えて行くのか?

ここに着手する事が、これから必要になってくるんですね・・・

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. 志村幸司

    VMDは最新技術でなく、『基本』になるって事ですね。

CAPTCHA


*