• HOME
  • BLOG
  • VMD
  • インテリアの魅力を高める意外なツールとは?

インテリアの魅力を高める意外なツールとは?

先日、ハンガーカバーについての記事を書きました。

ハンガーにカバーを被せるだけで、イメージが一新したり、特別感が出たり、ボディのような役割も兼ねたり・・・そんな効果がありますね。

今日は、ハンガーと内装・インテリアについて書いてみます。

壁の色とハンガーの色

内装の壁の色とハンガーの色。

同じ色であればハンガーの存在感は薄れます。

“商品だけが浮き上がって見える”という効果があります。

ハンガーと壁が同じ色

違う色であればハンガーの存在感が出てきます。

ですので商品とハレーションを起こさないような色を選択したいですね。

ハンガーと壁が違う色

商品のカラーと合わせる場合

商品のカラーがパステルトーン中心の場合、ハンガーもパステルトーンにするのも良いですね!

商品の持つ、色の魅力が高く伝わります。

商品の世界観が伝わるハンガーのカラー
 

内装のカラーと合わせる場合

内装のポイントカラーとハンガーのカラーを合わせるとこんな見え方に。

内装のピンクをハンガーにも反映

アクセントカラーを魅力的に表現しながら、商品が浮かび上がって見える効果があります。

内装のカラーとコントラストをつけると

モルタル塗りの無機質な内装にナチュラルなウッドのハンガー。

内装のアクセントとして、モダンな空間づくりにハンガーが一役買っています。

内装の一部、とも言える役割ですね。

モルタルの壁にウッドのハンガー

中にはこんなふうに特殊なハンガー形状に合わせて、内装のデザインを行ったかのような見え方のショップもあります。

見せ方のブランディングができている事例ですね。

ハンガーの特殊形状を活かした内装

たかがハンガーと思っていらっしゃる方もいるかも知れません。

されどハンガー。セレクト一つで、商品はもちろん空間の魅力まで広げてくれるツールでもあります。

あなたのお店では活かされていますか?

ファッションワールド東京で講演します。

日本で一番大きいファッションの展示会『ファッションワールド東京』

その場で今年もお話させていただくことになりました。

なんと無料で聴講できますよ!

(事前の申込みとファッションワールド東京への入場券が必要です)

VMDセミナーへのお申込みはこちらから↓

ファッションワールド東京への入場券はこちらから↓

セミナーの様子を収めたDVDを発売中!

VMDの基本から、売上をアップさせるシナリオ作りまで収録しました。

スライドテキストがダウンロードできるので、そのまま社員研修にも使用できますよ!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

*