お客様の購買行動をスムーズにするには?

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

さて、お客様がお買い物をする時というのは、どのようなきっかけで行なわれているのでしょう?

「そろそろ」「何か」「なんとなく」・・・

私たちが実際にファッションのお買い物をする時、その行動を思い浮かべてみましょう。

「そろそろ春物が欲しいな、今日は帰りにファッションビルによってみよう」

「今度の休みは街に出掛けて、何か新しい洋服をチェックしたいな」

「春物のブラウスが欲しいな、なんとなく・・・」

キーワードは「そろそろ」「何か」「なんとなく」です。

消費者のほとんどは、“あらかじめ”ではなく“店頭”で何を買うのかを決めている

今、ファッションのお買い物をされる場合、ほとんどが「コレが絶対欲しい」、「コレでないとダメ」というのではありません。

「このブランドのコットンのブラウスを買おう」という事をあらかじめ決めてお店に行っても、実際はブラウスではなくワンピースを買って帰った、なんて事は良くある話です。

実は、消費者の86.5%が何を買うかを店頭で決定している、というデータがあるそうです。

逆に言えば、あらかじめ何を買うかを決めていてそれを買って変える人は13.5%しかいない、ということ・・・

自分に似合うと気づいていただく

お店に気づく、商品に気づく、自分に似合うと気づく、「あっ私はコレが欲しかったんだ」という隠された欲求に気づく・・・・・

このようにして一点の商品を購入されるわけですね。

「衝動買い」と書くと、なんだか悪いイメージに映るかもしれません。

でもね、自分に似合うと気づいたいただく、というのは実はとってもお客様の為になっているんですよ。

VMDの効果とは?

スライド1

この一連の行動をスムーズにさせてくれるのが「VMD」という事です。

ショーウインドウで魅せる

お店で買いやすく誘導する

何の売場かを表現する

コーディネートをわかってもらう

一点の商品だけでは伝えきれないムード、世界観、アトモスフィアを醸し出す・・・・・

これが『VMD』の効果と言えますね。

ファッションにはVMDが必要なんです!

VMDで購買行動をスムーズにすることが出来る。

だからファッションにはVMDが必要なんです。

だからVMDを学ぶべきなんです。

だからVMDを実践するんですね。

 

・・・・・そういうことです。

 

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*