• HOME
  • BLOG
  • IP
  • アクセサリーも独自性のある表現が出来るのです・・・

アクセサリーも独自性のある表現が出来るのです・・・

アクセサリーや雑貨を扱うのお店、増えてきましたよね。

ただアクセサリーに関しては、同じような見せ方のお店が多いような気がします。

よくあるライザーやスタンドはそれなりにキレイにアクセサリーを見せてくれる

よくあるライザーやスタンドはそれなりにキレイにアクセサリーを見せてくれる

たしかに、よくある見せ方はそれなりにきれいに見えるように考えられていると思います。

そう、アクセサリーや雑貨は、専用のライザーや什器が既製品で豊富にあります。

しかし、そういった物を使いすぎると、商品の独自性や、ブランディングを感じさせにくくなったりもします。

商品やお店やブランドの独自性を感じさせるには、同じやり方では伝わりにくいかもしれません。

独自性を感じさせる見せ方のヒントになりそうな、ライザー(商品を見やすくする為の演出補助道具)の使い方、について書いてみますね。

素材を統一させる

こちらの記事は大きくリライトし、note(有料記事 100円)へ移動致しました。

続きはこちらから御覧くださいね!↓

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*