• HOME
  • BLOG
  • VMD
  • あなたのお店の特徴は?独自性はありますか?

あなたのお店の特徴は?独自性はありますか?

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

商品とお店作り

商品のテイストやキーワードが一貫している場合。

例えば、デザインが変われど、いつも必ず同じ色を展開している。

色が変われど、いつも同じ素材を展開している。

素材が変われど、いつも同じ柄を展開している・・・などなど。

とても明確な特徴がある。

そういった場合はお店作りも比較的容易に出来ます。

その特徴のキーワードをふまえてお店全体をデザインしていけば、自ずと独自性のあるお店に仕上がります。

独自性を感じるお店

商品の色と内装やPOPが連動している

商品のポイントカラーと内装やPOPが連動している

いつも必ず同じ色を展開している場合

その色を内装の一部に取り入れてみる。

サインやPOPもその色を使ったものにする。

VMDのツール(ボディやマネキン、ライザーやプロップス、ハンガーやPOPスタンド)などにもポイントカラーで使ってみたり。

注意する点としては、実際にその商品が見える背景はそれ以外の色にすること。

同じ色だと馴染みすぎて肝心の商品が目に付かなくなるから。

いつも同じ素材を展開している場合

その素材を内装の一部やVMDツールに取り入れてみる。

例えば、その素材がフェルトなら、商品を展開する棚をフェルトで貼ってみる。

壁面の一部に色違いのフェルトを重ねて貼ってアート風のオブジェにする。

フェルトの塊をライザー(商品を高さを出してディスプレイする際に載せるステージ)にしてみる、など。

いつも同じ柄を展開している場合

この場合も、その柄を内装の一部やVMDツールに使えますね。

例えばその柄が花柄だったら、フィッティングルームのカーテンに使ったり、額にその柄を貼って飾ったり、壁面の壁にその柄のクロスを貼ったり。

また、アプリケーションツール(ショッピングバッグや包装紙、DMなど)にも、その柄を応用出来ますね。

守り続けることで覚えておいてもらいやすくなる

このように、商品のテイストやキーワードを一貫して守り続けることで、独自性が出ます。

とってもお客様に伝わりやすいお店になる。

覚えてもらいやすくなりますね。

オーバーストアの状況の今、コレはとても大切なことです。

ついついトレンドに左右されることもあるでしょう。

しかしそれに振り回されすぎると同質化してしまいます。

一貫して守り続けることによるメリットも大きいのです。

 

・・・・・そういうことです。

 

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*