自然の摂理にかなっているお店とは?

公開日: VMD, アパレル経営, リアル店舗


こんにちは!

藤井雅範です。

 

庭にあるラベンダーの花に水をあげているとミツバチがついたり離れたりしているのが見えました。

邪魔にならないように水は根元の方にあげることにしました。

自然の摂理

花は太陽の光を受けて糖質を生み出し蜜を作るそうです。

それをミツバチが吸いに来ることで花は受粉し、また咲くことが出来る。

 

ミツバチはその蜜を自分の栄養とするだけでなく、巣に持ち帰り子供や仲間に分け与える。

その巣から生まれる蜂蜜やローヤルゼリーは人間にまで恩恵を与えてくれますよね〜

 

『自然の摂理』、本当にうまく出来ています。

誰にもそれを止めることは出来ません。

お客さんが集まるお店

人気のあるお店というのは人が集まります。

そこでしあわせな時間を過ごしたり、その思いを商品として持ち帰ったり。

お客さんが笑顔でいてくれます。

それはお店側の『お客さんに喜んでもらおう』という思いが伝わっているから・・・

 

 

では『思いが伝わるお店』ってどんなお店なんでしょう?

まず『思い=理念』がある。

それが『コンセプト』として落とし込まれている。

その『コンセプト』が品揃え(MD)、店舗空間、VMD、接客・応対、SNSでの発信・交流。

全てにおいて、一貫して表現できているお店だと思います。

 

品揃えは世間の売れ筋を揃えたから

店舗空間は有名デザイナーに任せたから

VMDは専門家に依頼してるから

応対は熟練の接客のプロが居てくれるから

SNS発信はインフルエンサーを登用するから

・・・・・

いくら投資してもバラバラでは伝わらないのです。

「売りたい売りたい」が先行していたり

「利益が出れば何でも良い」では伝わらない。

 

品揃え(MD)、店舗空間、VMD、接客・応対、SNSでの発信・交流。

お互いの分野をリスペクトし、担当の別け隔てなく理解する。

『お客さんに喜んでもらおう』という思いを貫く。

そういった行動が表現されて、お客さんに伝わっていくのだと思います。

 

そんなお店にはお客さんが集まってくださる。 

とびきりの時間を過ごしてしあわせな思いを持ち帰る。

その思いが伝播して更にお客さんが集まる。

 

繁盛するお店も『自然の摂理』に叶っている。

そう思うのです。

 

今日も読んでくれて、ありがとうございます!

 

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP