令和時代。引き継ぐものと加えるもの

公開日: VMD, エッセイ


新しい時代のはじまり!

こんにちは、藤井雅範です。

 

今日から令和時代に入りましたね。

ここでちょっと考えてみたいこと。

平成から引き継ぐもの、そして新たに加えるものについて思いを馳せてみようかなと・・・

 

平成から引き継ぎたいもの

・平和

・相互扶助の精神

・テクノロジーの進化

新たに加えること

・文化

・幸せに生きる知恵

 

平成の時代において、日本は直接戦争に巻き込まれることはありませんでした。

しかし幾多の災害には見舞われましたね。

そんな時に発揮されたのが“相互扶助”の精神です。

助け合うこと、ボランティア、善意を表すといったことです。

平和な時代が長く続き、表面的には忘れられがちなことだったように思います。

しかし平成時代に我々を襲った幾多の災害。

それに直面した時、見事に発揮されましたよね!

 

そしてテクノロジーの圧倒的な進化です。

我々が扱うツール、環境はめざましく進化しました。

その流れに逆らうことは出来ない。

うまく馴染む、取り入れる、運用することが賢明です。

ただしあくまでツール。

本質的に重要なことではない。

 

逆に言えば、テクノロジーが進化すればするほど、人間らしさや人間だから出来ることに価値があるとも言えますよねぇ。

我々が機械的になっていてはいけないんだろうなって、そう思います。

 

令和の時代に新たに加えたいこととして、“文化”があるのかなと思います。

ただ、“文化”というと大げさに聞こえますよね。

簡単に言えば、アートやカルチャーや哲学を身近に感じる、生活に取り入れることで精神的に豊かになることかなぁ。

そんな気がします。

そしてそれはすべて、しあわせを感じながら生きるためのものと言えるかもしれない。

 

月並な言い方かもしれません。

昭和・平成がまだまだ物質的な充足を目指したものだとしたら、令和はいよいよ精神的な充足を目指す時代になる、そんな気がするんです。

心豊かに生きる知恵、それを見つけることがしあわせを感じること。

しあわせの感受性を高く持つ。

アートやカルチャーや哲学を身近に感じることはそれに役立つ、そう思います。

 

さぁ新しい時代の幕開けです。

ワクワクしています。

沢山楽しみましょうね!

 

今日も読んでくれてありがとうごさいます!

VMDセミナー・エレメントを開催します!

『忙しくて長時間の参加が難しいのです・・・』

『参加したいけどスケジュールが合わなくて・・・』

『次は参加したいのでスケジュール教えてください・・・』

という声にお答えして、

短時間のセミナーを会議室で、お仕事帰りにも立ち寄れる時間帯に、参加しやすい受講料で開催します。

今、売上につながる表現を学びたい方。

VMDのコンサルティングを受けたい、セミナーを社内で開催したい、研修をしたい、とご検討されている方。

この機会にVMDセミナー・エレメントを受講してみてくださいね!

初めてのおしらせ!《VMDセミナー・エレメント》開催します

セミナーの様子を収めたDVDを発売中!

VMDの基本から、売上をアップさせるシナリオ作りまで収録しました。

スライドテキストがダウンロードできるので、そのまま社員研修にも使用できますよ!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP