• HOME
  • BLOG
  • VMD
  • 今こそ『VMD』で伝えよう!リアル店舗の価値とは?

今こそ『VMD』で伝えよう!リアル店舗の価値とは?

ファッションを購入できる“買い場”は拡大し続けています。
カタログからも、パソコンからも、スマホからも買えますよね。
ではリアルのお店はもう売れないのでしょうか?
そんな事はありません。
お客様に価値を感じてもらっているお店は、しっかりと売り上げを伸ばしています。
7792a8114f2aefc6f7626ca02e49f8ba_m

商品が醸しだす臨場感

カタログやECサイトで商品を見る場合、基本的に一点一点で表示されると思います。

しかし売り場ではどうでしょう?

その素材の塊で集められていたり、カラーの塊で集められていたり、着回しコーディネートが広がる陳列の順番になっていたりします。

商品の塊によって(グルーピングによって)ムードが醸しだされる、ということですね。

演出が醸しだす臨場感

リアルのお店ではショーウインドウやステージといった演出スペースがありますよね。

そこでは商品のコーディネートはもちろんのこと、コーディネートが映える背景やシーンが表現されていたりします。

一点の商品だけでは伝わらない価値が、イメージ豊かに伝えられる場所でもありますね。

時には商品を全く用いずに、お店やブランドの価値を高めるようなメッセージを発信したり、前を歩く人の目を楽しませるシーズン・モチベーション(季節のイヴェントごと)の発信の場であったりしますね。

空間が醸し出す臨場感

カタログやECサイトでは真似ができないポイント。

それはその空間において、五感で感じる事のできる演出です。

平面ではなく三次元で見ることが出来る視覚効果。

直接、素材や着心地を確認できる触覚効果。

商品のイメージを増幅させる音楽や会話。

イメージを直接、脳に伝える香りの効果。

好きな洋服に囲まれた空間で楽しむコーヒーやスイーツ。

こういったものは、リアル店舗ならではの体験となりますよね!

 

このように、お店や商品の価値・魅力を存分に伝えるお話しを今度させていただきます。

4月6日の東京ビッグサイトにおける、ファッションワールド東京でのセミナーにおいて。

日本中、いや海外まで出掛けます!

そのための取材で全国各地をまわろうと思っています。

大阪、横浜、東京はすでに確定。

現在はニューヨークも検討中。

なんだか楽しそうでしょ?

ワクワクしてきます!

 

それ以外の街でも、情報があれば是非教えて下さいね!

AmazonやECで購入する場合には体験できない、価値が伝わるリアル店舗

そんなお店をご存じの方メッセージを下さいませ!

ファッションワールド東京2016春 店長・販売員向けセミナー

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

*