着こなしのムードを伝えたい時・・・

公開日: VMD, マネキン


“抜け感”を表現しているの?“テキトー”に着せているの?

こんにちは!

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

 

ここ数年、「抜け感」とか「こなれ感」というキーワードによる着こなし方がよく取り上げられてきました。

「抜け感」「こなれ感」。伝わっているのか、伝わっていないのか、受け取る人によって幅のある表現かもしれません。

 

たとえば「抜け感」

ちょっとオーバーサイズのブラウスの肩を後ろにずらして着てみたり。

襟ぐりの大きなニットで、片方の肩を露出してみたり。

大きめのトップスの裾をボトムにラフに(EX:フロントはイン、バックはアウト)タックインしてみたり・・・

 

うまく着こなせば、“自然で頑張りすぎないオシャレさん”に見える。

 

店頭のディスプレイでもそんな表現にチャレンジしているのをよく見かけます。

しかし、ちょっと残念な表現も・・・

 

肩を抜く(後ろにずらして着こなす)表現も「抜け感」ではなく「単にズレてる」であったり「着せ方がテキトー」にしか見えないディスプレイのなんと多いことでしょう・・・

 

例えば腕を曲げて、手先を襟元に添えている表情のマネキンを使えばうまく表現できるはず。

しかしどこの店頭も、ただ突っ立っている白いだけのメイクのマネキンばかり。

こんな表現ができそうなマネキンはなかなか見当たりません。

しっかり選べば良いマネキンは存在します。

しかし価格の安さや着せ替え易さを優先して選んでいると、良いマネキンにはなかなか出会えないことでしょう。

 

そこでマネキンでもトルソーでも比較的カンタンに抜け感が伝わる着こなしのコツを書いてみます。

それはボタンを一部留める、ということ。

トップスの裾の方だけ留めて肩は後ろへ抜く感じ。

 

あるいはトップスの裾の方だけボトムにタックインしてみる。

あるいは片方の肩だけずらしてみる。

 

「単にずれている」であったり「着せ方がテキトー」にしか見えないのは“すべてが抜けている”からです。

マネキンやトルソーに着せる場合は“すべてを抜く”のではなく、“一部を抜く”ような表現をしてみて下さい。

「抜け感」の着こなしが伝わる表現になるはずです。

やってみてくださいね!

VMDセミナー・エレメントを開催します!

『忙しくて長時間の参加が難しいのです・・・』

『参加したいけどスケジュールが合わなくて・・・』

『次は参加したいのでスケジュール教えてください・・・』

という声にお答えして、

短時間のセミナーを会議室で、お仕事帰りにも立ち寄れる時間帯に、参加しやすい受講料で開催します。

今、売上につながる表現を学びたい方。

VMDのコンサルティングを受けたい、セミナーを社内で開催したい、研修をしたい、とご検討されている方。

この機会にVMDセミナー・エレメントを受講してみてくださいね!

初めてのおしらせ!《VMDセミナー・エレメント》開催します

セミナーの様子を収めたDVDを発売中!

VMDの基本から、売上をアップさせるシナリオ作りまで収録しました。

スライドテキストがダウンロードできるので、そのまま社員研修にも使用できますよ!


The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP