もしもブランディングしたいと思うのならば・・・|マネキンのセレクト

公開日: VMD, マネキン


こんにちは!

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

 

昨日は久しぶりにワールド時代のVMDの先輩である宮木淳さんとお話しました。

同じ元ワールドの仲間、藁科さんがマスターを務めるブルーラインと言うコーヒースタンドで。

宮木さんはマネキンが大好き!

どれくらい好きかって言うと、『マネキンに恋したオトコ』というタイトルで講演するほど!!!(今年の3月に行われた講演です)↓

ボクも同じマネキン好きとして共感できる部分が多いのです。

以前マネキンについて書いた記事↓

 

マネキンの使い方として2つの面があると思います。

それは『演出』と『ブランディング』です。

演出という面でのマネキン

シーンを想像させる演出

 

演出という意味でもマネキンは活躍します。

例えば、何かのシーン(場面設定)を伝えることも容易ですね。

突っ立ているポーズのマネキンもあるし、座っているマネキンもあるし、壁にもたれかかっているマネキンもある。寝そべっていたりジャンプしているものまであるんです。

それらを組合すと様々なシーン(場面設定)を表現できる。

 

お互いに向き合って少し首をかしげていれば、会話しているシーンを表現できたり。複数のマネキンが全て同じ方向へ視線を向けていれば、見るお客さんも自然とそちらに目を向けたくなったり。

そんな使い方もできますね!

ブランディングという面でのマネキン

洋服は着せるボディによって見え方が大きく変わります。

トルソー(上半身だけの左右対称のボディ)に着せた場合、まっすぐ立った細いマネキンに着せた場合、腰をひねったグラマラスなマネキンに着せた場合・・・

白い抽象マネキン、リアルにメイクしたマネキン、木目調の塗装をしたマネキン、モルタル調の塗装をしたマネキン・・・

同じ洋服でも全く違って見えてきます。

 

このマネキンが一番価値を引き出してくれる、そういったものを見つける、或いはオリジナルで創造することからマネキンによるブランディングは始まります。

次に

  • 基本のシルエット
  • ポーズバリエーション
  • 塗装&メイク

こういった編成を決めていくことになります。

 

使い続ける覚悟

 

ブランディングという観点で考えると、一度決めたマネキンはしっかりと使い続けることが大切です。

そうすることで商品の魅力を引き出すとともに、マネキンがブランドの顔として認識されることさえあります。

 

逆に良くないのが中途半端な使い方です!

ショーウインドウはオリジナルマネキン。

店内のVPスペースは違うシルエットのヘッドレスマネキン。

PPスペースはトルソー・・・

といった使い分けです。

動きのあるマネキン、突っ立っているマネキン、木腕の付いたトルソー

 

違うお店であったり、大型店で違うスペースやコーナーであれば良いかも知れません。

しかし、比較的小さなお店でお客さんの視線の中に3種類以上のマネキン・ボディが混在している場合など。

これはブランディングという観点ではマイナスでしかない。

せっかくセレクトしたマネキンによるブランディングがブレてくるのです。

 

『お客さんはいちいちそんなところ見てないよ。コストを考えると使い分けたほうが良い』そう思うかも知れませんね。

売れ筋狙いのマスな商品で価格が勝負!というブランドやお店ならそれで良いと思います。

しかしブランディングしたい(お客さんに選ばれる独自の存在でありたい)と思うのなら、それはヤメたほうが良い。

 

お客さんはいちいち見ていないかも知れない、でも感じています。そしてそこを強く引き出すことで商品やお店の価値を高めていくことがマネキンによるブランディングだと思います。

『あっこのマネキンはあのブランドだ!』とまるでブランドの顔のように認識されることもあるのですから。

 

久しぶりに懐かしい先輩と話していて、そんなことを感じました。

 

NEWS!

  • 10/8にセミナーの様子を収めたDVDが発売されました!

VMDの基本から売上をアップさせるシナリオ作りまで収録しました。

そのまま社員研修にも使用できますよ!

  • VMDセミナーを開催します!

11月〜12月にかけて、札幌、芦屋、東京、福岡、仙台にてVMDセミナーを開催します!

いつも参加してくれている皆さんはもちろん、まだセミナーに参加されたことのない方もこの機会をご利用くださいね。
詳しくはこちらから↓

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

PAGE TOP