• HOME
  • BLOG
  • VMD
  • 「場のエネルギー」と「人のエネルギー」|沖縄セミナーを終えて

「場のエネルギー」と「人のエネルギー」|沖縄セミナーを終えて

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

 

昨日、初めて沖縄でセミナーをさせていただきました。

強く感じたことは、『場のエネルギー』『人のエネルギー』みたいなものです。

場所のエネルギー

開催場所は1st hall。

いつもエクスマの沖縄セミナーが開催される場所。

100名ぐらい収容できる大きなスペースです。

 

エクスマセミナーのときは人数が圧倒的、なのでエネルギーを感じます。

昨日のVMDセミナーは少人数での開催。

にも関わらず、とてもエネルギーを感じたのです。

どうしてだろう?

なにか、《あの場所の力》みたいなものがあるのでしょうか?

 

人のエネルギー

参加者たちはお互い初対面(同じ会社のメンバー以外)。

ボクも当日初対面の人もいました。

しかし違和感なく会話も進む。

なんか不思議な感じ・・・

 

そして中盤にボクから参加者の皆さんにお願いをしてみました。

こんな無茶振りです(笑)

『自己紹介を兼ねて、店舗やビジネスやSNSでのエピソードを話してください』

何の予告もなく話を振ったにも関わらず、みんな壇上に上がればスラスラ話し出します。

コレには話を振ったボクが驚きました。

車を購入する際に、営業マンが見せてくれた、過去の購入者の『車のある暮らしの体験談』が決断のきっかけとなったお話し。

本部からの発信だけでは伝わらない部分。『自分たちの工夫に対してお客様が反応してくださった喜び。それがやり甲斐に繋がる』といったお話し。

販売の仕事から通販の仕事に転職するも、お客様の対応をしていうちにやっぱり『直接お客様と触れ合う喜びを思い出し、サービス業に戻る決意に至った』というお話し。

好きな海の写真をinstagramで投稿し続けているうちに、いまでは50%の依頼がinstagram経由になった、というマリンガイドサービスのお話し。

 

どのお話しからも、他のビジネスに置き換えられるような気づきがありました。

彼らは講師ではありません。

単にVMDセミナーに参加された方です。

事前に予告もせずにお願いしたにも関わらず、全員がそれぞれ伝わるお話しをされた。

コレには、参加してくれた一人一人が持つ《人のエネルギー》みたいなものが高まって起こったような気がするんですよ。

 

参加するだけではダメ!行動を起こそう!

沖縄セミナーは良い出発点となった気がします。

参加された方が行動を起こしていただくこと。それによってその先のお客さんが笑顔になっていただくこと。それが目標です。

次回もまた半年後にセミナーをやろう!そう思いました。

昨日参加いただいた皆さん、その時に又、成果を聞かせてくださいね!!

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

*