お店に花を飾りましょう!

昨日のブログでこう書きました。

『動きのあるお店に人は集まる。だからお店の表情を買えましょう』ということを。

「とは言っても実際にやるのはけっこう大変なんじゃないかな?」

そう思っていませんか?

今日はカンタンに、でもひと目でイメージが変わる方法について書きます。

それは、“入り口にお花を飾りましょう!”ということ。

 

お花とは?

以前、生花のレッスンを受けたことがあります。

まだほんの二回だけですけどね(笑)

いけばな光風流の家元、内藤正風さんにご教授いただきました。

その時に家元から伺った内容を書きます。

「お花は人を幸せにしてくれるんですよ」

「お花は形(ありき)ではないんです」

「お花で運気が上がるんですよ」

「お花は光合成します。これは陰の空気を吸って陽の気を出す、ということなんです」

「玄関(入り口)は家の運を支配する場所です」

・・・・・

そんなお話しを伺いました、大体の記憶によるとね・・・

(家元、細かい点、間違っていたらゴメンナサイ!)

意外なほど敷居は高くないレッスン

意外なほど敷居は高くないレッスン

レッスン後のランチタイムがメインです(笑)

レッスン後のランチタイムがメインです(笑)

お店でも花を飾ろう!

お店の入り口も、お店の運を支配する場所と言えるでしょうね。

そこに花を飾ると、イメージはぐっと変化します。

 

できれば商品と調和が取れていると良いです。

お洋服だったら、色やシルエットや素材感などで共通項目があると良いですよね。

その商品のディスプレイと調和のとれたお花を生けることで、お店のイメージが高まります。

商品のディスプレイとお花を連動させると、大きく変化を演出しやすくもなる。

お客様の注目も集まります。

 

なんといっても女性はお花が大好きですからね。

お客様との話題のきっかけにもなります。

 

お店の表情を変化させるのに、お花を生けてみませんか?

 

・・・・・そういうことです。

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. 藤井 雅範

    家元、ありがとうございます!
    次回お会いできるのが楽しみです!

CAPTCHA


*