• HOME
  • BLOG
  • VMD
  • VMD、魅せる道具の選び方、二つのステップ。

VMD、魅せる道具の選び方、二つのステップ。

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

商品が主役、道具が脇役

最近、このブログで良く「商品が主役、道具は脇役」という事を言っています。

今日は商品を魅せる道具について書いてみますね。

道具は脇役ですが、脇役があってこそ主役が引き立ちます。

なので、主役を引き立てる事がことが道具の仕事です。

ファッションのお店の道具たち

さてファッションのお店でいう道具とは、どんなものがあるでしょう?

お洋服を良く魅せる為のマネキンやトルソー

帽子を良く魅せる為の頭の形をしたヘッドスタンド

バッグを良く魅せる為のストラップを持ち上げるスタンド

靴を持ち上げるライザー

アクセサリーを引っ掛けるフック

などなどがありますね。

実際のフォルムを表現する

共通していえる事は、実際に着用している状態に近い表現を可能にする道具、という事。

そうですよね。

確かにどのアイテムも、実際に着用している状態が一番きれいに見えます。

なので、そのフォルム(姿形)を再現できる道具を選ぶ、という事ですね。

商品のテイスト、質感を表現する

表現したいフォルムが決まりました。

では次にどんな色・素材の道具が良いでしょう?

あたたかみのあるざっくり編んだニットだったら、芯地貼りのトルソーに着せて見たり、クールなコットンのシャツだったら、FRPのボディに着せてみたり。

ニットキャップだったら、柔らかい布張りのクッションで持ち上げたり、ボルサリーノなら、硬質な木の帽子スタンドで持ち上げたり。

写真の様なブレスレットは良く質感が表現出来ていますね!

ブレスレットを見せる道具

ブレスレットを見せる道具

まとめ

道具を選ぶとき。

実際の着用感・フォルムが表現できているかをチェック。

次にテイスト・質感が表現できているモノをセレクト・・・

この順番で決めてゆきましょう。

 

・・・・・そういう事です。

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*