アクセサリーのVMD

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

ジュエリー屋さんとアクセサリー屋さん

アクセサリー屋さん、良くみてみれば沢山ありますね。

とっても魅力的なお店もあれば、そうでもないお店もあります。

いわゆるジュエリーを扱う宝飾店と、ファッション雑貨としての単価の高くないアクセサリー店では見せ方も違います。

ジュエリーショップの場合

基本的にガラスのショーケースに収められている。

商品からタグ(下げ札)は外され、プライスのみ小さなプレートで表示。

素材感、本物感を演出する為に、クリスタルや上質なアクリル、レザーやウッドなどのプレートやライザー(演出補助道具)に陳列される。

ピントの絞られた照明があてられている。

一定のスペースには少量ずつ丁寧に配置される。

ファッション・アクセサリーの場合

お客様自ら直接触れるように陳列されている。

商品のタグは付いたままの状態、プライスもタグをみて確認。

トレーに置かれたり、ライザーに置かれたり、ペグ状のフックに引っ掛けられている。

あまり絞り込まれていない照明。

ボリューム感があって、沢山の中から選ばせる陳列。

ファッション・アクセサリーの場合、このようにジュエリーショップとは大きく見せ方が違います。

一点単価が違うので当然ではありますね。

ただ、そのままでは一点の良さを表現しづらい・・・

アクセサリーだから工夫したい点とは?

・・・・・

※こちらの記事は大きくリライトし

noteへ移動致しました(有料記事 100円)

こちらから御覧くださいね!↓

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*