隣に何を置くか?で売上は変わる!

こんにちは!

藤井雅範です。

先日、『敷居を低くすることでニーズのないところにウォンツを感じさせることが出来る』という旨の記事を書きました。

ニーズのないところにウォンツを生み出す|『DECATHLON』オープンその②

同じような意味で、『隣に置くもので客単価をアップ出来る』のです。

例えば、貴方がサマードレスを気にいって購入を検討しているとしましょう。

一般的にはサマードレスの前後にはそのサイズ違いや色違いのサマードレスが並んで着ることが多いですよね?

しかし、そのお店の陳列は違いました。

そのサマードレスの左横にはストローハットが、右横にはサンダルがS字フックで引っ掛けられていたのです。

写真はフッキングのイメージです

そしてストローハットもサンダルもそのサマードレスにピッタリ。

まるでそのスタイリングで、ビーチ沿いのプロムナードを歩いている自分の姿が想像できるかのよう・・・思わずセットで購入してしまった。

こんな効果があるのです。

サマードレスが1万円。

ストローハットは3千円。

サンダルは7千円。

サマードレスだけと比較すると、客単価は200%になります。

もしもサマードレスの横には色違いかサイズ違いのサマードレスが並んでいたならば、お買い上げは1点だけかもしれません。

隣に何を置くか?

どんなシーンをイメージしてもらうか?

コレで売上は変わってくるのです。

今日も読んでくれて、ありがとうございます!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*