小売業の使命とは?

こんにちは!

藤井雅範です。

リアル店舗の売上をアップさせるコンサルタントです。
このブログでは主に、“VMD”という「見せることでお客さんに店舗の価値を伝える」手法、に関して書いています。

お客さんが笑顔になって売上につながる、そんな風にお客さんとの交流を楽しみながらお仕事できたら素敵ですよね〜

メーカーさんと小売業

一般的にメーカーさんは『良い商品を企画開発製造し、小売業に卸すこと』が仕事ですよね。

では小売業の仕事はなんでしょう?

『良い商品を仕入れて消費者に売ること』でしょうか。

でもよく考えてみると、それだけなら小売業でなくても出来るはず。

良い商品を企画・開発・製造出来るメーカーさんならECサイトや直営店を作って消費者に提供することも可能、ですよね?

別に“小売業者”でなくてもよいわけです。

小売業の存在価値

ではこれからの小売業に求められることってなんでしょう?

ボクは『消費者のお困りごとを解決してあげる』ことなのかな?と思います。

わかりやすく言えば、お客さま(消費者)に『どこどこのメーカーのこの品番のこの色をください』と言わせてはならない、ということ。

それなら小売業でなくても出来ます。

お客さまがその“モノ”を求める、その更に奥にある“お困りごと”や“生活”に着目してみましょう。

そうすると『どこどこのメーカーのこの品番のこの色』でなくても良いかもしれない。

もっとお客様に適した商品があるかもしれない。

お客様のお困り事やライフスタイルを聞き出す。

そのお困りごとを解決したりライフスタイルを彩る商品は何なのか?をプロフェッショナルな目で見極める。

そしてそれを伝えて差し上げること。

これが本当にお客さまを思い遣ることではないでしょうか?

そんな流れができてくると、“小売業”の存在価値が明確になります。

言われた通りを額面だけで受け取るのではなく、その奥の本当のお困りごとに注目出来るか否か?

これがこれからの小売業で大切なこと。リアル店舗ならばなおさらです。

これはファッションのお店だけのお話ではありません。

薬屋さんも、スポーツ用品店も、ホームセンターも同じです。

“モノ”から“お客さまのライフスタイルを思い遣る”ことへ、視点を変化させてみましょう。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*