• HOME
  • BLOG
  • VMD
  • お客様はお店のどの部分で、第一印象を感じるのか?

お客様はお店のどの部分で、第一印象を感じるのか?

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

お客様は正面から来るわけではない!

大きなショッピングモールなどでは、お客様はお店の正面に向かっていらっしゃることは稀です。

だいたい、ショッピングモールの館内導線に沿って歩くと、お店はお客様の左手又は右手に見えることになります。

前方の斜め右手、若しくは左手に見え始めてやがて真横に見えてくる、という視界の入り方ですね。

ということは、この斜めからの見え方がお店のファースト・インプレッション(第一印象)になります。

だからこの見え方が、実はとっても大事・・・

しかし実際は正面からの見え方ばかり意識して、ファサードを構成していませんか?

お店の中にばかりいると、ついついそんな錯覚に陥ります。

でも本当は斜めからの見え方でお店を認識し始めるのです。

その次に正面の見え方になります。

左の写真ではファースト・インプレッションは真っ黒の柱!

左の写真ではファースト・インプレッションは真っ黒の柱!

こういうことに注意して、ファサードを構成しましょう。

入店率が違ってくるんですよ。

お店の中にいるばかりでは気がつかないことがあります。

せっかく良い商品が揃っていても、その存在が伝わらなければ売れません。

客観的に、お客様の導線を観察する、そこから商品がどのように見えているのかをチェックする。

そんなクセをつけるようにしましょう。

・・・・・そういうことです。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*