• HOME
  • BLOG
  • VMD
  • 『何を見せるか?』よりも『ワクワクするか?』だ!

『何を見せるか?』よりも『ワクワクするか?』だ!

こんにちは!

藤井雅範です。

 

今日、公園の前を通ると夏草の香りが漂ってきました。

その瞬間、季節の移ろいを感じてしまいました。

嗅覚って、瞬時に感情まで届くんですね〜

 

人が行動を起こす時、モチベーションがアップする要素のひとつに『ワクワクする気持ち』があるように思います。

ワクワクする気持ちがあれば、それに向けて努力は惜しくないし積極的に行動できます。

楽しいから動いても疲れもあまり感じない。

仕事でも遊びでもなんでも、暮らしの中に『ワクワする』要素を取り入れることが、楽しく生きていく上での知恵かもしれませんよね。

 

あなたのお店はお客さんをワクワクさせていますか?

もちろんお買い物でもそうです。

ワクワクした気持ちがあると、楽しく満足感の高いお買い物が出来ます。

店頭におけるVMDの誘導に置き換えるとこうなります。

ファサードの役割

お客様の足を留める。

VPの役割

思わずお店に入りたくさせてしまう。

PPの役割

売り場に誘導する。

IPの役割

選びやすくする。

フィッティングルームの役割

ゆっくり沢山試着したくなる。

 

こういった、購買に至るまでの店頭におけるVMDの誘導の中でも大切な要素、それが『ワクワクしてもらうこと』だと思います。

  • ワクワクさせるファサードなのか?
  • ワクワクさせるVPなのか?
  • ワクワクさせるIPなのか?
  • ワクワクさせるPPなのか?
  • ワクワクさせるフィッティングルームなのか?

今一度、客観的にチェックしてみてくださいね!

基準は自分自身が『ワクワクするか?』です。

 

もし、ワクワクしてこなければ変化させる価値が有ると思います。

お客様に、楽しく満足感の高いお買い物をしていただきましょう!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*