VPは何故大切か?

ファッションを
売っているお店なのに、
VPスペースを設けていない店
あっても端っこの
目立たないスペースだったり
する店がありますね・・・

 

VPとは・・・

『VP:ヴィジュアル・
プレゼンテーション

→そのお店のMDの特徴や
コンセプトを表現すること
またはそのスペースのこと。
一般的にはお店のファサード
(入り口、通路面の
お店の顔の部分)
にあるショーウインドウや
ステージ上で数体のスタイルを
まとめてみせる場合が多い。』

 

20130730-1

 

VPスペースを設けていない
理由として、

  • 見せるだけのショー
    ウインドウやステージを
    作るくらいなら商品を置く
    スペースにした方が
    効率が良い
  • 店の中央部はよく見える
    スペースなので、入り易く
    開放的にするために
    ウインドウや
    VPステージは作らない
  • VPを維持するのに
    手間や技術や経費がかかる

 

などの理由があると聞きます。

 

とっても残念な話です。

 

どうしてかというと・・・

 

ファッションをお客様に接客応対で
提案する場合、その服を着れば
どんな風に見られるか?
どんなシーンで活躍するか?
どんな着回しが出来るか?という
商品が持つ価値を
1対1で時間をかけて
説明することになります。

 

しかし、ショーウインドウや
VPステージで表現すると
瞬時に多数の人に対して
説明することが出来ます。

更に
1対1の接客ではないので
売り込み(押し売り)に
なりません。

見たい人は見る
見たくない人は
見なくてよいのですから・・・

接客応対の場合は
タイミングが悪いと
お客様を失ってしまう危険も
ありますからね・・・

また、常に
VPで表現するテーマや
コンセプトを明確にすることで
お店の主義主張を
伝えられることになります。

沢山似たようなお店がある中で
独自化された店、選ばれ易い店に
なる近道でもあります。

めんどくさがらずに
ショーウインドウ
VPスペースを活用しましょう。

入店客数アップ
更には将来のお店のファンを作る
入り口の一つなのです

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*