Walking on the Abbey Road!

公開日: エッセイ


 三連休の中日。

スポーツした人も多いだろうなぁ。

ボクはジムのランニングマシンでウォーキング。

運動するついでに歩き方の矯正もやってみた。

コツはアゴを引いて下腹部を中心に前に進むような歩き方。

スマホやパソコンに向かう時間が長いと、つい首が前に出た姿勢になってしまうからね~。

歩き方一つ意識することで、姿勢が良くなるらしい。

逆に歩き方がおかしいと、体調まで悪くなることもあるみたい。

だからウォーキングは、運動と姿勢を矯正する一石二鳥の効果が望める!

 

ウォーキングの時に音楽を聴くと飽きないし、リズムにも乗れる。

なぜかいつもの風景まで違って感じられたりするし。

 

今日のお供はビートルズのアビイ・ロードにしてみた。

そういえば先月もアビイ・ロードについて書いたっけ↓

アビイ・ロードをじっくり聴いていて気づいたこと。それはビートルズのメンバーの演奏テクニックについて。

ついついメロディの素晴らしさに目が向けられがちだけど、実は彼らの演奏も素晴らしいって事に気付かされた。

例えば一曲目の“カム・トゥゲザー”と二曲目の“サムシング”、どちらもベースラインが良い。ベースって一見地味だけどこの二曲はポールのベースが支えているような気がしたりね。ベースラインとドラムといったリズムパートが良いと、走ったりウォーキングする時にも乗りが良くなる。

“オクトパス・ガーデン”でジョンが爪弾くスリーフィンガーのギターも味わいがあるし、“ジ・エンド”で聴かせてくれるリンゴのドラムスはメッチャカッコ良い。この曲はポール、ジョージ、そしてジョンの3人による連続したギターソロまで聴ける!

アビイ・ロードは、B面のメドレーが秀逸だし有名。

だけど、メンバーの演奏テクニックにポイントを絞って聴いても楽しめるアルバムだね~

アルバムジャケットの撮影も行われたアビイ・ロードの横断歩道

さて、ビートルズを聴きながらウォーキングに出掛けませんか?

セミナーの様子を収めたDVDを発売中!

VMDの基本から、売上をアップさせるシナリオ作りまで収録しました。

そのまま社員研修にも使用できますよ!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント : 株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • TwitterfacebookInstagramPinterest

PAGE TOP ª