再びVPについて

今日は、飛行機に乗って二時間
北の街に来ています。

飛行機の空から見下ろす
その土地には、大地の土と
まだ葉のついていない木々で
黄土色の濃淡をなしています。

まるで寝転んだ大きなライオンの
肌のうえをかすめて飛んでいる
ように見えます。

さて、昨日は

VP:
ヴィジュアル・
プレゼンテーション

について書きました。

そもそも、この言葉の意味を
説明していませんでしたね・・・

ゴメンナサイ。

VP:
ヴィジュアル・
プレゼンテーション とは

そのお店のMDの特徴や
コンセプトを表現すること
またはそのスペースのことをさします。

一般的にはお店のファサード
(入口、通路面のお店の顔の部分)
にあるショーウインドウや
ステージ上で
数体のスタイルをまとめてみせる

ことが多いです。

それらの雰囲気を更に伝えるために
プロップスと呼ばれる演出小物を
一緒に見せることもあります。

また、時には全く商品を見せずに
ヴィジュアルやアートだけで
表現することもあります・・・

何となく伝わりましたか?

スニーカーを集積して星条旗の柄にしたVP

スニーカーを集積して星条旗の柄にしたVP

 

ここでは、そのお店の特徴
個性を打ち出すことが肝心です。

何百何千というお店がある中で
どうしてあなたのお店で
買わなければならないのか?

という理由を
お客様に伝えてあげるのに
有効な場所なんです。

なので、お店の売れ筋や
売り積んで行きたいものをみせる
という場所、ではありません。

 

売れ筋=他店でもよく似たものを
あつかっている・・・

この場合は要注意です。

これを使う場合は
コーディネートを工夫して
あなたのお店らしさを
加えることです。

 

売れ筋=他店でもよく似たものを
扱っている=同質化=価格競争…

に、なってしまうからです。

 

同じような商品を
同じような見せ方を
しているだけでは
近くに、同じような商品を
安く売る店が出てきた場合
更に安く売る方向に
流れてしまいがちです。

これでは不毛な価格競争に
陥ってしまいますよね。

 

しかし、あなたのお店の
独自性を打ち出せば
あらかじめお客様は
あなたのお店を一歩理解してから
入店されることにもなります。

購買される確率も向上する
ということです。

なので
しっかりお店の独自性を
打ち出しましょうね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*